サスペンス

グリーンゾーン(映画)の動画フル配信を無料視聴【マット・デイモン主演】

マット・デイモン主演映画『グリーンゾーン』【監督:ポール・グリーングラス|原題:Green Zone】(2017年)の動画フル配信を無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『グリーンゾーン』を無料で見てみる

グリーンゾーン(映画)の動画フル配信を無料視聴する安全な方法【マット・デイモン主演】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マット・デイモン主演映画『グリーンゾーン』のフル動画が配信されています。

日本語字幕版と吹き替え版ともに配信されているので、うれしいですね。

U-NEXT
Hulu ×
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年1月3日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『グリーンゾーン』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

グリーンゾーン(映画)はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【マット・デイモン主演】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『グリーンゾーン』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

グリーンゾーンのネタバレ感想と評価【映画】

映画『グリーンゾーン』は、2003年のイラク戦争におけるアメリカ側の戦争目的や、イラクに対して戦争を仕掛けることの意味をメインテーマにした作品です。

マット・デイモンが主演し、ジェイソン・ボーン・シリーズのスタッフも参加していることから、手の込んだサスペンス・アクションを期待してしまいます。

しかし、映画『グリーンゾーン』はイラク戦争という実際にあった戦争の大義を真正面から扱っているのです。

そして、あの戦争は一体、何であったのかという問題提起をしている点で、ジェイソン・ボーン・シリーズとは異なった雰囲気を醸し出していました。

イラク戦争は、イラク側が大量破壊兵器を隠匿していることが開戦理由の一つとして掲げられています。

しかし、この開戦理由は、たとえば湾岸戦争のようなイラクによる不条理な侵略を受けたクエートを救うといった開戦理由と比較すると、他国の支持を得るための説得力に欠け、明らかに弱いものです。

曖昧な開戦理由のもとでの戦争は、戦場での兵士の士気を弱めます。

主人公ロイ・ミラー(マット・デイモン)はイラクにおいて部隊を指揮して大量破壊兵器の発見に努めますが、提供された情報が悉く間違っており、大量破壊兵器を発見することができません。

しかし、ミラーの上官は、それでも仕方がないという態度であり、ミラーの部下もどちらかといえば与えられた任務以上のことに手を出すのには消極的です。

現場レベルで士気が低下していることを象徴する事態となっていました。

たとえ形ばかりの任務であっても、イラクの危険地帯での任務では犠牲者が出ます。

ミラーはこうした覇気の無い戦争の実状に我慢がならず誤情報が飛び交う原因を突き止めようとしたのだといえるでしょう。

CIAやイラク人協力者の手助けによりミラーが突き止めたのは、大量破壊兵器に関する間違った情報は故意に出されたものでした。

それは国防総省の官僚が大量破壊兵器隠匿をイラクに対する開戦の口実として利用したかったこと、そして、その先にはイラク再建において自らが主導権を握ろうとする野望があったことです。

イラクに対する戦争が、でっち上げによって開始されたことをミラーは知ることになります。

それまで国連も巻き込んだイラクに対する戦争という国際政治の舞台で扱われてきた問題が、一人の現場の軍人の手により、その欺瞞と虚構が明らかにされるのは痛快です。

しかし、ミラー自身も国防総省の官僚に指揮された部隊により殺されそうになり、また証人となり得るイラクの将軍も殺されてしまい、彼の見解の正しさを証明するものは残りません。

そこで、ミラーはマスコミに真相をリークすることにより、誤りを正そうしました。

そして、物語はここで終わります。

ミラーに協力してきたイラク人の言葉が戦争の本質を言い当てているのです。

イラク側将軍は、この協力者によって殺されるのですが、彼はイラクのことは他国によって決められたくないと言います。

たとえ戦争の大義のなさを告発する重要人物であっても、腐敗にまみれたイラク側将軍を生かしておくことは彼には許せなかったのです。

そこには諸外国によって自国の運命が翻弄されるイラク人の苛立ちも表れていました。

湾岸戦争後、フセイン政権による圧政をアメリカが何とか打倒したいと考えており、それがイラク戦争の真の開戦理由だったと言えます。

しかし、他国の内政問題にあからさまに介入することは逆に混乱をもたらし、収拾がつかなくなることをイラク人協力者の言葉は象徴していました。

イラク戦争のことを暗に批判している点でイラク人協力者の言葉は、本作制作陣のアメリカの外交政策に対する批判が込められたものだといえるでしょう。

単純なエンターテイメントというよりも、政治的な問題提起を行おうとする物語として『グリーンゾーン』を捉えると、アメリカ外交が持つ問題点がよく見えてくるように感じました。

まとめ

マット・デイモン主演映画『グリーン・ゾーン』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、グリーンゾーンをU-NEXTで見てみる