サスペンス

Gone/ゴーン(ドラマ)の動画フルを無料視聴!

海外ドラマ『Gone/ゴーン』の動画を無料視聴できる安全な方法を紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『Gone/ゴーン』を見てみる

Gone/ゴーン(ドラマ)の動画フルを無料視聴する安全な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『Gone/ゴーン』シーズン1(全12話)の動画が配信されています。

日本語吹き替え版も字幕版も両方とも配信されているから、うれしいですね。

U-NEXT ×
Hulu
FOD ×
dTV
Amazonプライム ×
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年4月11日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

Gone/ゴーン(ドラマ)の動画配信を見るなら手軽に見れるHulu

Hulu(フールー)には、トライアル視聴できる無料期間が2週間あります。

つまり、トライアル期間内であれば、いつでも解約できますし、料金もかかりません(0円)。

もちろん、簡単に解約できるので、使ってみなきゃ損ですよ。

また、Huluを利用すればDVDレンタルのように、わざわざ借りに行ったり、返却し忘れることなく、いつでもどこでも手軽に見えます。

>>Huluでドラマ『Gone/ゴーン』を見放題で鑑賞する<<

Hulu(フールー)

Gone/ゴーン(ドラマ)の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

>>『Gone/ゴーン』をhuluで快適に視聴する

Gone/ゴーン(ドラマ)のネタバレ感想と評価

階段のきしみを聞きつけ、子供に「例の場所に隠れてなさい」と声をかける親。

間髪入れずにFBIの突入が始まります。

母親は自殺し、父親は娘のベスに「消去しろ。急げ!」との指示。

FBIのフランクとマヤはベスを追いかけますが、彼女は隠し部屋にあるPCのデータを消去してしまいます。

このベスと呼ばれている娘こそ、FBIが捜索していたキット・ラニガンでした。

両親のように振舞っていたのは、誘拐犯だったのです。

それから15年の歳月を経て、キックと名を変えた彼女の元にフランクが訪れます。

彼はキックの経験――5年間も誘拐犯と暮らした――を、捜査に生かして欲しいと言うのです。

フランク・ブース(クリス・ノース)が率いているのは、FBIにある誘拐事件専門のチーム。

主要なメンバーは、キックの救出作戦に参加していたマヤ・ケネディ(トレイシー・トムズ)と、陸軍出身のジョン・ビショップ(ダニー・ピノ)。

ここにハッカーのジェームズ(アンディー・ミエンタス)とキック(レヴェン・ランビン)を加えた5人が、1話で1つずつ誘拐事件を解決していきます。

『Gone/ゴーン』では、誘拐の被害者がほとんど無事に戻っています。

だからといってめでたしめでたしだけのドラマではありません。

それらの事件をきっかけにチームメンバーたちが自分のトラウマと向き合っていくのが特徴でしょう。

キックは15年の間に護身術を身に付け、射撃の訓練をし、ピッキングの技術まで習得しました。

やはり、さらわれる不安から逃れるためでしょうか。

誘拐犯に関してはプロファイラー顔負けの心理分析をしますし、尋常でない観察眼も持っています。

一見、万能選手の彼女でも、森と恋愛は苦手ですけれど。

誘拐事件専門チームなので、扱う事件はすべて誘拐です。

ところが、この誘拐のバリエーションが多いので飽きることはありません。

むしろ、これほど様々な誘拐があるのかと驚かされます。

個人的な恨みや身代金目的、人身売買や誘拐ビジネス、果ては偽装誘拐まで、いろんな理由で人がさらわれているのです。

多種多様な事件を解決するだけでなく、徐々に誘拐組織(レギオン)の姿を浮かび上がらせてシーズン全体の緊張感を保っていますね。

最初の方に出てきた人物が深く関わったりしますから、怪しげなキャラクターは憶えておいた方が良いでしょう。

シーズンを通して気付いたのは、血なまぐささと性的要素を極力、排除していることです。

腐乱死体も内臓も出てきませんし、残虐シーンもありません。

下着ぐらいはありますけどヌードがないですし、いわゆるラブシーンもほのめかすだけ。

だから、誰かと一緒に見る時に妙な気をつかう心配は無用です。

後々まで印象に残るのは、「ボックス」という言葉ですね。

第1話で”子供が人目につかないように隠す場所”だとキックは言ってますけど、ボックスにはもう一つの意味が込められています。

解放から15年を経ても、なおキックを苦しめる、メル・フォスター(リー・ターゲセン)の心理的呪縛です。

キックはこのボックスから逃れようともがき、逃れたと思い込み、ついには暗くて重いボックスに打ちのめされます。

それでも前に進もうとするキックの力強い姿を、ぜひ見守ってください。

シーズン1は、いろいろと気になる終わり方になっていますが、シーズン2が制作されるかどうかは今のところ不明です。

面白いドラマですから、できれば続きが見たいですね。

まとめ

海外ドラマ『Gone/ゴーン』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
主人公キックを演じていたレヴェン・ランビンは、映画『ハンガーゲーム』にグリマー役で出ていたよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
久しぶりに、ドラマ『コールドケース』に出演していたダニー・ピノとトレイシー・トムズの捜査シーンが見られて、うれしかったぞ。

今すぐ、ドラマ『Gone/ゴーン』をhuluで見てみる