サスペンス

アイインザスカイの動画フルを無料視聴【ヘレン・ミレン主演映画】

ヘレン・ミレン主演映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ドラちゃん
ドラちゃん
ヘレン・ミレンがオーストリアを相手に戦う女性を演じた映画『黄金のアデーレ名画の帰還』は、とても感動したよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
戦うといっても戦闘するわけではないので、マリアは、とてもステキな女性だよな。だから、キャサリン大佐と見比べると、ヘレン・ミレンの演技力がめちゃわかるぞ。

アイインザスカイの動画フルを無料視聴する安全な方法【ヘレン・ミレン主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ヘレン・ミレン主演映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

日本語字幕版と吹き替え版ともに見放題なのは、うれしいですね。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『アイ・イン・ザ・スカイ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年3月22日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

アイインザスカイはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ヘレン・ミレン主演映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『アイ・イン・ザ・スカイ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

アイインザスカイのネタバレ感想と評価【ヘレン・ミレン主演映画】

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は、現代の対テロ戦争を描いたシリアスな映画です。

戦争形態の変化に国家の意志決定機構が追いついていないこと、それによって生じる戦争に携わる人間に対するストレスの増加という問題。

そして民間人、とりわけ戦争における子供の犠牲という問題などを扱った作品です。

扱うテーマが深刻であり、登場人物すべてがそれぞれ苦悩する様子が大まじめに描かれています。

けれども、途中からどこかコミカルに思えてしまうのが、いかにもイギリス映画という印象を受けました。

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』は、ケニアのナイロビの市街地に紛れ込んだイスラム過激派幹部を捕獲するか暗殺するかがストーリーの中心です。

しかし、攻撃するか否かの意志決定はロンドン、テロリストを偵察・攻撃する無人攻撃機の操縦はアメリカのネヴァダ、そして攻撃機からの画像を分析するのはハワイで行われるなど、攻撃する側は、現地の監視要員を除いた殆どが遠く離れた地でこの作戦を見守ります。

情報通信技術や無人航空機に関する技術の発達がこうした戦争を可能にしました。

その狙いの一つは、味方の損害をどれだけ少なくすることができるかという点にあります。

その結果、攻撃する側にとって戦争は完全に彼らの日常生活の一部になりました。

例えば、イギリス軍の作戦責任者は、娘へのプレゼントを買ったその足で攻撃作戦の会議に出席します。

戦争が特別なことではなく日常の一部に溶け込んでいるのです。

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』では、さほど深く触れられていませんが、こうした日常の一部と化した戦争が、それに参加する人たちに与える心理的なストレスについては、今後、問題化していくように感じます。

作戦を主導するイギリスの会議では、攻撃対象を生け捕りにするか暗殺するかの決断ができません。

さらに攻撃対象のすぐ近くに少女が現れたことにより、より議論は紛糾します。

その結果、決断を会議の場に居合わせないイギリスの外務大臣、首相に託そうとしました。

しかし、外務大臣も決断できず、首相は曖昧な返事しかしません。

完全に何も決められない組織となっているのです。

少女を犠牲にしても攻撃すべきか、あるいは攻撃を止めるかで議論は紛糾します。

攻撃を止めた場合、攻撃先に潜伏する自爆テロ犯がテロを実行することを可能にし数十人単位での犠牲者が発生し、少女一人の犠牲では済まされない問題となるのです。

これら様々な要素のために決断ができず、誰か別の人間に決断を求めるイギリスの攻撃に関する会議は滑稽ですらあります。

また、無人攻撃機の活躍に見られるような、戦争に関する技術の発達に対して、意思決定をするシステム作りが追いついていないことを示唆しているようにも感じました。

物語は、攻撃を熱望する軍人に対して決断を先送りする政治家という構図で、議論のベクトルは少女の命を犠牲にしても攻撃すべきという方向へ向かっていきます。

しかし、この状況で攻撃機を遠隔操作するアメリカの軍人は、少女の犠牲は不可であり攻撃の再考をイギリス側に求めました。

まったくの正論ではあるのですが、攻撃一辺倒に向かいつつある状況下で、パイロットの発言は周囲をイラつかせます。

ここに正論でありながらも、一度、組織がある方向へ舵を切ってしまうと、それを修正することは至難の業であることが暗に語られているように感じました。

結果として攻撃は実行され、ターゲットのテロリスト殺害は成功しますが、少女は犠牲になってしまいます。

攻撃に参加した人々の心は沈鬱な空気が支配して物語は終わりました。

しかし、攻撃は無人攻撃機で行われ、作戦は遠く離れた土地のモニターによって監視されています。

作戦に参加した人が誰も手を汚さない戦闘でした。

このことは作戦に参加する人たちの痛覚を麻痺させることも当然あるように思います。

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』では、そのことが深められていないのが若干、残念に感じました。

無人機等の活躍による手を汚さない戦争の影響は、むしろ、そうした痛覚の欠落等に現れてくるのではないかと考えられるからです。

いずれにしても、新たな戦争形態の登場が戦争に関する意思決定と、そこに参加する人々に与える影響という問題を提起した点で、本作は非常に見応えのあるものだと感じました。

まとめ

ヘレン・ミレン主演映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場をU-NEXTで見てみる