サスペンス

ドラマ『シカゴPD』の動画無料視聴はこちら|huluやNetflixで見えるの?

海外ドラマ『シカゴPD』の動画を無料視聴できる方法を紹介します。

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

今すぐ、『シカゴPD』を無料で見てみる

31日間以内に解約すれば全く料金はかかりません
ドラちゃん
ドラちゃん
『シカゴファイア』の時にイヤな刑事だったハンク・ボイドが主役と聞いたときは、まさかと思ったよ。
カバ吉くん
カバ吉くん
たしかに、あんな悪徳刑事が・・・ってビックリしたわ。

ドラマ『シカゴPD』の動画を無料視聴する安全な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで海外ドラマ『シカゴPD』のシーズン1からシーズン4までの日本語吹き替え版および字幕版が動画配信されています。

U-NEXT 〇(シーズン1~3)
Hulu ×
FOD ×
dTV 〇(シーズン1~4)
Amazonプライム △(シーズン1~4)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年1月17日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ドラマ好きなら要チェック!U-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、放送年度の新しいドラマが早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作ドラマは、見放題ではなく、有料レンタル扱いが多いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、放送年度の新しいドラマをタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTはドラマが好きな方にとって、至福の時をすごせる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTでドラマ『シカゴPD』を見放題で鑑賞する<<

ドラマ『シカゴPD』の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。

>>シカゴPDの動画をU-NEXTで快適に視聴する

ドラマ『シカゴPD』のあらすじネタバレや感想

ドラマ『シカゴPD』は、『シカゴ・ファイア』のスピンオフ作品で、2018年現在、第6シーズンの制作が決定しています。

順調に人気長寿ドラマへの道を辿っている作品です。

1シーズン約20話、基本的には一話完結のスタイルです。

制作は『ローアンドオーダー』シリーズと同じディック・ウルフです。

『ローアンドオーダー』シリーズに対して『シカゴPD』に代表されるシカゴを舞台にしたシリーズは、シカゴフランチャイズと呼ばれ、『ローアンドオーダー』シリーズ同様にリアリティを重視した作りになっています。

ただし、シカゴフランチャイズ全体に『ローアンドオーダー』以上に人間臭さを意識した作りになっている印象です。

シカゴ市第51消防署の消防士マシュー・ケイシー(ジェシー・スペンサー)と息子の犯罪をめぐってトラブルになったことがきっかけで逮捕・投獄された悪徳刑事ハンク・ボイド(ジェイソン・ベギー)が、出所後にシカゴ市警21分署で指揮を執ることになったのが特捜班です。

これが『シカゴPD』シリーズスタートのきっかけです。

『シカゴ・ファイア』においてハンク・ボイドは、汚職にまみれた刑事で、闇社会とのつながりも深く、また、目的達成のためには手段を問わず暴力も使うという、厄介な警官として恐れられていました。

そうしたいわゆる汚い警官が新シリーズでは主役となるのですから、かなり無理がある舞台設定というのが第1印象です。

例えば『ローアンドオーダー』シリーズにおいては賄賂を受け取らない清廉潔白さと捜査時の手続きの遵守が徹底されています。

こうしたことが守れないのは司法機関に勤務する人間として最低だという理解が作品世界の中では定着していました。

しかし、『シカゴPD』では『ローアンドオーダー』シリーズとは真逆のアプローチになっています。

だから、その分だけ本家『ローアンドオーダー』シリーズとは全く性格の異なる作品であるという印象が強いです。

悪徳警官によって率いられる特捜班という設定でスタートした『シカゴPD』ですが、ハンク・ボイドの性格は、『シカゴ・ファイア』の時に描かれたような汚職に対する罪悪感が欠如した、ひねくれた性格の刑事というものから、徐々に被害者の救済と正義の実現のためなら手段を厭わない刑事という側面が強調されてきているように思います。

それは『シカゴ・ファイア』時に見せたふてぶてしく毒づくシーンがなくなり、事件解決に向けて熱く部下を叱咤激励するシーンが多くなったことからもわかります。

事件解決のためには暴力も厭わないという姿勢には変化はありません。

しかしながら、正義を愛する熱い刑事というハンク・ボイドの性格が強調されたことが、本作品を人気作品に押し上げた要因の一つなのだと思います。

また、毎回登場する事件も、武装強盗、誘拐、薬物取引に伴う殺人など、暴力性と卑劣さが際立つ事件ばかりです。

そのため、例えばハンク・ボイドが容疑者の尋問にあたって暴力をふるったとしてもそれは容認されるどころか、逆に拍手喝采を浴びるような印象を与えるのです。

手続きと法の遵守が強調される時代にあって、こうした一昔前の刑事ドラマを連想させる刑事のあり方は、逆に新鮮な印象を与えます。

特捜班のメンバーの殆どがレザージャケットを身につけ、銃撃シーンがよく登場するなど、ハンク・ボイドのキャラクターを反映してか、作品全体に荒々しい空気が漂います。

そうではあっても、例えばクリント・イーストウッド主演映画『ダーティ・ハリー』のような、容疑者に対する私的制裁と受け取られかねないほどの暴力は用いられません。

ハンク・ボイド自身の行動がシカゴ市警上層部から目を付けられており、無茶はできないというのが物語上の設定です。

コンプライアンスが叫ばれる時代の中で、リアリティが損なわれずに、どこまでの暴力が容認されるのかを『シカゴPD』は探りながらシリーズを展開していくのだろうと思います。

まとめ

海外ドラマ『シカゴPD』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想がまとめてあります。

悪徳刑事が、どんな風に事件を解決していくのかが見られるドラマです。

今すぐ、『シカゴPD』をU-NEXTで見てみる