サスペンス

ボッシュシーズン1第9話のネタバレ感想【タイタスウェリヴァー主演ドラマ】

タイタス・ウェリヴァー主演の海外ドラマ『BOSCH/ボッシュ』シーズン1第9話【魔法の城】のネタバレ感想とあらすじをまとめました。

また、記事の後半では、動画を無料視聴する安全な方法をご紹介します。

前回の話はこちら
『ボッシュ』シーズン1第8話【天国と地獄】

ドラマ『ボッシュ』シーズン1第9話のネタバレ感想とあらすじ【タイタスウェリヴァー主演ドラマ】

第9話【魔法の城】

今回は、ほぼ連続殺人犯ウェイツ(ジェイソン・ゲドリック)の事件一色で物語が展開していきます。

ウェイツは、ボッシュ(タイタス・ウェリヴァー)と同じ施設の出身であることを除き、1994年以前に何をやっていたかが何もわからず、警察は身元の特定に苦労しました。

施設の名簿から身元を特定しようとしていきますが、名簿が電子化されておらず、また対象者が8,000人も存在します。

ボッシュとウェイツとの会話に表れる言葉などを手がかりに身元を絞り込んでいきました。

こうした過程に、ドラマ『ボッシュ』が持つミステリー小説的な要素がふんだんに盛り込まれていることを感じます。

ウェイツの狂気は、とどまることを知らずにエスカレートしていきました。

ボッシュへの電話で、もう旅立つ時間だと言い残したあと、ウェイツは赤ん坊連れの女性を誘拐します。

これまでの事件と異なるのは、旅立つ時間という、一種の事件の予告電話をボッシュにしていることです。

ボッシュの元妻エレノア(サラ・クラーク)のプロファイリングは、まだ誘拐された女性は生きている可能性が高いことを示唆しています。

そのため、ボッシュらハリウッド署の刑事たちは、名簿に基づく身元特定を急ぐのです。

この身元特定では、まず犯行地点に関する地理的プロファイリングにより犯人が潜伏している場所を特定しました。

次にウェイツがフランス語に関する知識を持っていることから、フランス語講師の女性が里親を務めている夫婦が特定されます。

そして、最終的に、父親が中皮腫という石綿が原因の病気で亡くなっていることをウェイツが、かつて言っていたことから、一組の夫婦が特定されることになりました。

地理的プロファイリング以外は、シリーズ序盤からウェイツとボッシュ、あるいはウェイツと母親の会話の随所にちりばめられてきた事実です。

複数回にわたって、ちりばめられた伏線に地理的プロファイリングが合わせられることで犯人が特定されました。

そのことにより、一瞬、事件が解決したかのような印象を受けます。

しかし、被害女性がまだとらわれの身で、事件解決を急がなくてはいけないという状況は、犯人の家へ一刻でも到達しなくてはならないという、別の緊張感を物語に与えるのでした。

ここで物語は、ミステリーから犯人追跡劇へと大きく変質していきます。

ボッシュとパートナーのエドガー刑事(ジェイミー・ヘクター)は、ウェイツの家を特定し踏み込みました。

そこで、まず腐敗した母親の遺体を発見します。

次に二人はガレージへ行き、ボッシュはそこに地下室への入口を発見するのです。

単身、地下室に入っていったボッシュを待ち受けていたのは、人質に銃を突きつけるウェイツでした。

ウェイツは、里親の元で暮らしていた時期が一番幸せで、父親の死後、施設に戻されたことが今の自分を作ったと語ります。

自分の罪を全て育った環境のせいにしてしまうことから、いかにも犯罪を犯した人間の弁明に聞こえるのです。

ところが、ボッシュにはそうは聞こえなかったようでした。

ボッシュは、施設での思い出を闇であったと言います。

ウェイツの言わんとしていることに共感しているようにも思える表情でした。

ウェイツに言われた、似た者同士という言葉がひょっとしたらボッシュの心に改めて響いているのかもしれないことを感じさせるシーンです。

ウェイツは突如、人質を手放し、ボッシュに発砲しようとします。

けれども、ボッシュの反撃が早く、ウェイツは射殺されたのです。

後の検証では、ウェイツの銃には弾が込められていなかったことがわかります。

ウェイツはボッシュに自分を殺させたのです。

これまでの殺人が、どんどんエスカレートさせ、非情なほどボッシュを挑発し続けたことを考えると、ややあっけない幕切れでした。

ウェイツという犯人は、確かに狂気の社会的病質者ではあるのですが、どこか悪になりきれない部分を持っています。

そうした部分を考えた場合、ボッシュに自分を撃たせるという選択は確かにそうなのかもしれません。

悪にとどめを刺すという溜飲が下がるような結末ではなく、どこか含みを持たせた犯人の最期であったように思います。

気になる次回は
『ボッシュ』シーズン1第10話(最終回)【善悪の彼岸】

ボッシュシーズン1第9話の動画を無料視聴する安全な方法をご紹介!【タイタスウェリヴァー主演ドラマ】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスを利用すれば、海外ドラマ『BOSCH/ボッシュ』シーズン1全10話の動画配信を見ることができます。

アマゾンプライムビデオ

字幕版、日本語吹き替え版ともに見放題になっています。

はじめて会員登録をする方は、30日間無料(0円)で見ることができるので、気軽に使えるシステムです。

トライアル期間中であれば、料金を払わなくても契約を解除することができます。

だから、このシステムを活用して、ボッシュのシーズン1全話を思う存分に楽しんでください。

そして、アマゾンのプライムビデオは、他にもたくさん動画配信されています。海外ドラマや洋画を見るのが好きな人にとっては、使わないと損と言える動画配信サービスです。

アマゾンプライムビデオ

※紹介しているVODサービスの情報は2018年8月24日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ボッシュシーズン1第9話をパンドラなどでは無料で見られないの?【タイタスウェリヴァー主演ドラマ】

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらの動画共有サイトには、著作権を無視して勝手にアップロードされています。

最近では、違法アップロードされた動画が削除されるまでの期間が短くなっているんです。

そのため、海外ドラマ『ボッシュ』シーズン1全話が見られるとは限りません。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をおおうように出ることもあるので、ストーリーを楽しむことができません。

さらに、スマホやパソコンがウイルス感染する危険性もあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、その点をご理解の上、注意して利用してください。

>>ボッシュシーズン1第9話をアマゾンプライムで快適に視聴する

まとめ

海外ドラマ『BOSCH/ボッシュ』シーズン1第9話【魔法の城】のネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

また、記事の後半では、第9話の動画を無料視聴する安全な方法をご紹介しました。

気になる第10話(最終回)【善悪の彼岸】以降も情報アップしていくので、お楽しみにしてください。

ボッシュシーズン1第9話をアマゾンプライムで見てみる