サスペンス

ベイツモーテルシーズン4第8話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

海外ドラマ『ベイツモーテル サイコキラーの暴走』シーズン4第8話【心に開いた穴】のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
予告動画で見た三角関係が怖すぎるわ。最後の覗いている目なんて、背筋がゾッとしたぞ。

前回の話はこちら
ベイツモーテルシーズン4第7話【家に帰りたい】

ベイツモーテルシーズン4第8話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

ついに、家へ戻ったノーマン(フレディ・ハイモア)。

クリスマス前なのに暖房が故障して、家は凍えるような寒さです。

でも、母親のノーマ(ヴェラ・ファーミガ)に「同じベッドで寝た方があったまる」って言うのはちょっと・・・。

それに応えるノーマもノーマです。

やっぱり、この親子は、かなり異常ですよ。

ディラン(マックス・シェリオット)は、ずっとそんな二人から逃れたかったのでしょう。

エマ(オリヴィア・クック)に語った「ノーマとノーマンはどうしようもないし、一生変わらないと思う」は、家族を語るセリフとは思えない酷さですよね。

そこまで言うぐらい、あの二人が作り出すブラックホールに引きずり込まれたくないのです。

このエピソードでは、ノーマン・ベイツとアレックス・ロメロ(ネスター・カーボネル)の対決が見ものでした。

息子と夫、古参と新参、方向性は違えども、ノーマを愛する者同士。

ノーマンが保安官事務所に行ったときの「妻の息子」という言い回しは、よそよそしいなんて言うレベルじゃありません。

実際に会ってからも、僕は回復したんだから、あんたは必要ないんだと一撃食らわせてます。

ノーマンの主張は、終始こんな感じですが、とにかくロメロを絶対に家族とは認めたくないのでしょう。

過程も手段も、どうでも良くて、とにかく排除したいのです。

そこにあるのは嫌悪感でしょう。ママと僕の間には誰も入ることが出来ないし、入ろうとしたら許さないんだと。

ロメロの方は、一応ノーマンを受け入れようと努めています。

精神病の治療施設に入るほど可哀想で、同時にノーマを悩ませる厄介者ですが、愛する人の息子でもありますから仕方ありません。

夕食で冗談を言ったりして、何とか家族に入れてもらおうともしていますよね。

しかし、食事を中座したノーマンが斧でうっ憤晴らしをしているところに出くわしました。

さすがに保安官だけあって、武器を持った人物の扱いは慎重ですね。

危険な目に何度も遭っているでしょうから、こういうのは慣れっこなんですよ。

そんなロメロにすら、ノーマンの怒りは異常に見えたのでしょう。

イカレた息子から愛する人を守るため、ロメロはノーマとの同居を決意してしまいました。

アレックス・ロメロ保安官はこのシーズンで実に良いキャラクターになりましたけど、寿命は短いものになるでしょうね。

例えレベッカ(ジェイミー・レイ・ニューマン)がロメロを売ったとしても、捕まるか死ぬかの二択になるだけ、まだマシです。

刑務所に入った保安官が長生きできるとは思えませんが、同居でノーマンを刺激し続けるよりずっと安全でしょう。

ノーマンが、母の”浮気”相手にそうそう長い間、我慢できるとは思えませんから。

気になる次回は
ベイツモーテルシーズン4第9話【永遠に二人で】

ベイツモーテルシーズン4第8話のネットでの評価や反応は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
怖いんだけど・・・見てしまう魅力がありますよね。

まとめ

海外ドラマ『ベイツモーテル』シーズン4第8話【心に開いた穴】のネタバレ感想やあらすじをご紹介しました。

記事の後半では、ネットでの評価や反応をまとめてあります。

ひきつづき、第9話【永遠に二人で】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。