SF

クローク&ダガー第2話のあらすじネタバレとBGM【マーベルドラマ】

海外ドラマ『マーベル クローク&ダガー(原題:Cloak & Dagger)』第2話【心の闇】のあらすじネタバレや感想をご紹介します。

また、ドラマ内で使われている音楽(BGM)もまとめました。

前回はこちら
クローク&ダガー第1話【ファーストコンタクト】

クローク&ダガー第2話のあらすじネタバレや感想【マーベルドラマ】

第2話【心の闇】

気軽にサラッと観れる作品だと思っていたら違いました。

ヒューマン要素やクライム要素が、しっかりと描かれていて見ごたえがあります。

ただ、個人的には超能力やアクションシーンが、もう少しあれば最高なのですが・・・。

しかし、これはマーベル作品だという先入観が、そう思わせるのかもしれません。。

つまり、マーベルだと思わなければ良いのです。別物だと思えば、このドラマの本当の面白さを感じれると思います。

クローク&ダガー第2話のあらすじネタバレ

人を殺めたかもしれないと思ったダンディは、街を出る決心をします。

しかし、そのためには新しいIDが必要です。そのIDを買う資金が必要なため、結婚式に潜入し盗みを働きます。

代わってタイロンは、兄を殺した警官を見つけたことで、復讐心が高まるのでした。

そのため、学業も疎かになり、バスケの同僚に迷惑をかけリンチにもあいます。

その後、警官を銃で殺そうとしたタイロンが、無意識に能力を発動したのです。

銃を発砲した瞬間にテレポートしてしまいます。

そのテレポート先は、偶然にもダンディの運転する車の前でした。そのため、彼女は事故を起こしてしまいます。

今回のストーリーで、彼らの置かれている状況や性格が、少し分かってきました。

しかし、まだまだ情報不足です。特に彼らの能力に関しては、不明な部分が多すぎます。

モヤモヤ感が残るとともに、さらに興味が増しました。

クローク&ダガー第2話の登場人物

タンディの母親のダメっぷりが目立ちました。

タンディ・ボウエン / ダガー(Tandy Bowen / Dagger ) – 光の能力を持つ主人公 – オリビア・ホルト(Olivia Holt)

状況の変化に対して敏感で、それを感じると逃げる癖がついているようです。

これは、父が死んだことで、生活環境が一変したトラウマだと思います。

良い変化も悪い変化も、彼女にとっては恐怖なんでしょうね。

常に物事を後ろ向きに考える彼女の性格が、痛いほど伝わってきました。

タイロン・ジョンソン / クローク(Tyrone Johnson / Cloak) – 闇の能力を持つ主人公 – オーブリー・ジョセフ(Aubrey Joseph)

兄を殺した警官を見つけたことで、今まで内に秘めていた感情が爆発したようです。

復讐の鬼と化して、自分自身を制御することが出来なくなってきています。

彼に関するストーリーは、アメリカの社会問題の縮図のように感じました。あまりに複雑で現実味が高く、見ごたえと深みがありますね。

ただ、すぐに答えのでる問題ではないのが実情です。

この難しい題材をどう結びつけて、今後も表現してゆくのか楽しみになってきました。

メリッサ・ボウエン(Melissa Bowen) – タンディの母親 – アンドレア・ロス(Andrea Roth)

お酒だけでなく、薬もやるかと思えば、ダンディのお金も使い込みます。ダメな母親のお手本すぎて、どうしようもありません。

どんなドラマでも、このタイプのキャラが一人は出てきますね。

ある意味、ストーリーを盛り上げる面では欠かせない、憎めないキャラだと思いました。

そのためか、なにか親しみを感じてしまいます。

アディナ・ジョンソン(Adina Johnson) – タイロンの母親 – グロリア・ルーベン(Gloria Reuben)

メリッサと違い、息子の死を乗り越え、キャリアウーマンとして家庭を支えています。

今回、タイロンが彼女の深層心理を覗いてしまうシーンがありました。その内容は不可思議なものです。

彼女は、息子が二人とも居なくなることを恐れているのでしょうか?

それとも、息子二人は、もう亡くなったと思うことにしたのでしょうか?

どちらとも取れる内容で、いまだに理解が出来ません。

リアム・ウォルシュ(Liam Walsh) – タンディのボーイフレンド – カール・ランダステッド(Carl Lundstedt)

ダンディに美人局をさせる、悪い男だと思っていました。

しかし、彼女のために、有り金を全部だして助けようとします。

また、彼女の性格の理解度も高く、大切に思っていることも分かりました。本当は良い彼氏だったのです。

正直なところ、凄く悪い彼氏のほうがスッキリした気がします。

なぜなら、一緒に盗みをしている理由が曖昧になるからです。

おかげで、何ともいえない違和感が残りました。

『クローク&ダガー』のキャストに関する情報は、こちらにまとめてあります。
クローク&ダガーのキャストを画像と動画でまとめて紹介

クローク&ダガー第2話で使われている音楽(BGM)

このドラマで使われた気になる音楽をまとめています。

Leave the Light On(2017) – OVERCOATS

アメリカのオルタナティヴ・ポップデュオの軽快な曲です。オープニングとエンディングの両方で使われていました。

Feel the Embrace(2018) – VONAVI (feat. Run Rivers & Lorna Rose)

エレクトリック系プロデューサーの曲です。ダンディが母親と言い荒らいをし、家を飛び出すシーンで使われていました。

Fear in Me(2017) – LOUIS MATTRS

イギリスのR&Bシンガーソングライターの美しい曲です。タイロンが夜に、自主トレをするシーンで使われていました。。

To Sir With Love(1967) – 出演者によるコーラス

LuLuの同タイトルの映画音楽の曲で、全米1位になりました。新婦と父親のダンスシーンで使われていました。

クローク&ダガー第2話を観終わった感想

淡々とストーリーが進むのは良いのですが、少し盛り上がりに欠けます。

そのためか、ストーリの進行の遅さが、気になるようになりました。

内容的にも、もう少しメリハリが欲しいですね。そうすれば、スピード感が生まれ、進行の遅さは気にならなくなると思います。

ただ、タンディとタイロンのストーリの切り替え方は、非常に上手いです。

行動がシンクロしている部分で、画面が途切れることなくスムーズに移行します。

二人の行動には関連性があると匂わす、ほんとうに上手い演出です。

また、お膳立てが非常に良く出来ている作品なので、次回がとても気になります。

気になる次回は
クローク&ダガー第3話【ステンドグラス】

まとめ

マーベルドラマ『クローク&ダガー』の第2話【心の闇】のあらすじネタバレや感想をご紹介しました。

また、ドラマ内で使われている音楽(BGM)もまとめてあります。

気になる第3話【ステンドグラス】以降も情報アップしていくので、お楽しみに♪

>>海外ドラマ『マーベル クローク&ダガー』の動画配信を視聴する方法はこちら<<