ミステリー

インスティンクト2第9話あらすじネタバレ|ジュリアンの疑惑【ドラマ】

アラン・カミング主演海外ドラマ『インスティンクト 異常犯罪捜査』シーズン2第9話【切れない絆】(原題:Manhunt)のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
インスティンクト2第8話【凍りつく真相】

インスティンクト2第9話のあらすじネタバレと感想【ドラマ】

シーズン2第9話【切れない絆】

ついに、眠り姫キラーと決着をつける時が来ました。彼の名前はコーマック・レゴ(マイケル・レイディ)と言い、最初の被害者の息子だったのです。

ガーフィールドでコーマックが犯人だと断定できたのは、唯一、過去にすがりついていなかったことにディラン(アラン・カミング)が気づき、ライアン(トラヴィス・ヴァン・ウィンクル)が決定的な証拠を見つけたのがきっかけでした。そして、彼らをガーフィールドに導いたのは、ライアンの直感―インスティンクト―です。

いつもは2つ以上のエピソードを切り替えながら進むドラマですけど、今回は最初からほぼ最後までが眠り姫事件の結末に割かれています。ディランは前回に引き続き、少し下がった位置からサポート役に回っていますね。その様子は、まるでパダワンの成長を見届けるジェダイです。

特に、ライアンのミスをたしなめるシーンにそれがよく出ていると思います。1つのミスと言ったライアンに対し、ミスは2つだと厳しい指摘。少し落ち込ませてから、その分、2つの手柄も挙げているじゃないかとフォロー。

気分がちょっと上がったところに、映画ネタを交えつつピシッと鞭を入れていますね。やはり、行動科学の専門家は人を乗せるのが上手いですよ。

ここでの「なんて素晴らしい朝」は、映画『OKLAHOMA!』の”Oh,What a Beaatiful Mornin'”という曲です。ライアンは「オクラホマですよ」とツッコミを入れていますけど、1955年の映画ネタにこれほど素早く反応できるとは。きっと古い映画が大好きなんでしょう。

見届けると言っても、ディランはただ助言するだけではありません。弟子が危険だと察知すれば、守ってやるのも師匠の役目。父への憎しみを捨てきれないコーマックに、まるで厳しい父親のような「女々しいぞ(Stop crying)!」という一言を投げかけることで、見事に彼の憎しみを自分に向けさせていますね。

姉弟の絆がカギになる今回、描かれていたのは血の繋がりだけではありません。師匠と弟子の絆も築かれていたのです。ボードから資料をはがすライアンをねぎらう、ディランとリジー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)。ライアンは晴れて卒業と相成りました。

残念ながらファイナルシーズンとなってしまった、このシーズン中、ずっと追いかけてきた眠り姫事件が解決してしまいましたけど、最終回まであと2話残っています。

残りは子育てのエピソードにして欲しかったんですけど、久々に登場のロジャー・ラインハート(ジョン・ドーマン)が厄介な案件を持ってきましたね。それが、市警のシステムにマルウェアを仕込んだのはジュリアン(ナヴィーン・アンドリュース)なのではないかという疑惑です。

はたして、ジュリアンは国を裏切ってしまったのか、それとも何かまったく別の事情があるのか。家族の絆に続いてクローズアップされるのは、ディランとジュリアンの友情になりそうです。

気になる次回はこちら
インスティンクト2第10話【裏切り者の影】

まとめ

アラン・カミング主演海外ドラマ『インスティンクト』シーズン2第9話【切れない絆】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

ひきつづき、シーズン2第10話【裏切り者の影】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。