ミステリー

エレメンタリー3第3話のネタバレ感想|アナグラムで作った偽名【ドラマ】

海外ドラマ『ELEMENTARY/エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン3第3話【イミテーション・ゲーム】のネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をご紹介しました。

ドラちゃん
ドラちゃん
ワトソンとアンドリュー(ラザ・ジャフリー)の関係にシャーロックが、どんな風に絡んでくるのか、面白そうだよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
ラザ・ジャフリーって、ドラマ『ホームランド/HOMELAND』シーズン4にアーサー・カーン役でも出演してたぞ。

前回はこちら
エレメンタリーシーズン3第2話【オレンジの種五つ】

エレメンタリーシーズン3第3話のネタバレ感想とあらすじ【ドラマ】

第3話【イミテーション・ゲーム】

今回は、数学者が絡んだ殺人事件でした。

「パズル・ハント」参加者への犯行

事件の発端は、以前の話でシャーロックが捜査協力を依頼したことがある数学者ハーラン・エンプル(リッチ・ソマー)が遺体を発見することから始まります。

数学の難解問題を解くことで、ある場所の座標を特定し、そこにある電話番号に連絡を入れると、次の問題が出題されるという「パズル・ハント」。

この「パズル・ハント」で特定した廃工場に行ったハーランがロッカーに入っていた防虫剤と遺体を発見したのでした。

容疑者として捕まったハーランがグレッグソン警部(エイダン・クイン)とベル刑事(ジョン・マイケル・ヒル)にベルフェゴール素数がどうのこうのと数学的な説明をしますが、さっぱり伝わりません。

もちろん、私も高等数学なんて、何を言っているのか、チンプンカンプンでした。

話しが通じないので、シャーロック・ホームズ(ジョニー・リー・ミラー)とジョーン・ワトソン(ルーシー・リュー)と話がしたいと主張します。

そして、シャーロック、ワトソン、ベル、ハーランの4人は、現場を訪れました。

そこで、計画的殺人ではないことと新しくペンキで塗り隠された場所をシャーロックは発見したのです。

殺人犯は、「パズル・ハント」ゲームの参加者で、カギとなる電話番号を消したとワトソンは仮説を立てます。

このとき、わかったのですが、ゲームの賞金は、何と1,707,071ドル。

こんな大金がかかっていれば、殺人を犯す可能性はありますよね。

「パズル・ハント」参加者を事情聴取

次に、ハーランが予想した「パズル・ハント」ゲーム参加者の女性に会いに行きました。

女性は遺体の男性を知っていて、一緒にゲームを攻略していたのです。

身元がわかった男性から、容疑者として統計学者が浮上しました。

シャーロックとベルが統計学者に会いに行くと、ドア越しに銃を発射され、その隙に逃げられてしまいます。

そこに残された証拠のコピーをハーランに解読させるために送りました。

ハーランは、つじつまが合わないことに気づいたり、次に統計学者が行く座標を特定します。

その場所に行くと、シャーロックの予想とおり、すでに統計学者は殺されていたのです。

また、時系列から考えて、「パズル・ハント」ゲームの主催者こそが、今回の連続殺人事件の犯人だとシャーロックは断定します。

シャーロック・ホームズのアナグラム

ワトソンとベルで会った別のゲーム参加者からポールという男を知り、会いに行くとシャーロックに連絡が入りました。

そのポールは、犯人を知っていると言うのです。

彼は、「MO SHELLSHOCKER(モー シェルショッカー)」が犯人だと断言しました。

だけど、ハーランは数学の悪用を告発している人物だから、「MO SHELLSHOCKER」は犯人ではないと強く反論するのです。

ポールの事務所から出てきたシャーロックは、ハーランが「MO SHELLSHOCKER」と見抜きます。

「MO SHELLSHOCKER」と「SHERLOCK HOLMES」

アナグラム、つまり、文字を入れ替えて別の意味にすることで、ハーランは勝手にシャーロックの名前を使っていたのです。

私は、パスワードを作るときにアナグラムを活用しています。

自分しか知らない好きなスポーツ選手や歌手の名前を使えば、本人しかわかりにくいパスワードができるんです。

スクラッチくじの秘密を暴露された逆恨み

ただし、シャーロックも今回の犯人の動機がわかりません。

ここで、ワトソンとネットを使ってTV会議をしていました。

一緒に住んでいるわけではないので、夜中に議論を交わすには、便利な方法ですよね。

このときのワトソンの話がきっかけでシャーロックは動機に気づきます。

そして、ポールにハーランが「MO SHELLSHOCKER」と明かし、住んでいる場所を教えました。

でも、その住所で待っていたのは警察で、銃を持ったポールがきて、一件落着です。

ワトソンが「犯人もパズル・ハントをしている」と言ったことで、シャーロックは犯人が数学者を見つける計画を立てていると気づきました。

「MO SHELLSHOCKER」が、スクラッチして当てるくじの欠陥を公表することで、犯人は損害を被ったのです。

つまり、その人物こそポールでした。

「MO SHELLSHOCKER」さえ黙っていれば、何度もくじで大金を稼ぐことができたわけですから、復讐したくなったんでしょうね。

いやはや、お金がからむと人間は変わるので、ホント怖いです。

キティとワトソンが一緒にミーティング

今回、キティ(オフィリア・ラヴィボンド)は登場しましたけど、残念ながら、ほとんど活躍しませんでした。

ワトソンがキティに過去の事件を癒すことができるサポートグループのミーティングに参加するようシャーロックに言います。

素直じゃないキティは断るかと思ったのですが、意外にも参加すると言いました。

そして、ワトソンにも直接、サポートをお願いするんです。

キティとワトソンが仲良くなるのは、意外と早いのかもしれません。

気になる次回は
エレメンタリーシーズン3第4話【世界でひとつの彼女】

エレメンタリーシーズン3第3話のネットでの評価や反応は?【ドラマ】

https://twitter.com/cabbage_maaya/status/1054168479148867584

ドラちゃん
ドラちゃん
たしかに、キティって子猫のような性格だよね。次回は、もっと出番があって、活躍することを期待しています。

まとめ

海外ドラマ『ELEMENTARY/エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン3第3話【イミテーション・ゲーム】のネタバレ感想とあらすじをまとめました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しています。

ひきつづき、第4話【世界でひとつの彼女】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

今なら、シーズン1からシーズン4まで見放題で、一気見できますよ。
エレメンタリーの動画を無料視聴するなら詳細はこちら