ヒューマンドラマ

マンダウン 戦士の約束の動画フル無料視聴 吹き替えも字幕も見える【映画】

シャイア・ラブーフ主演映画『マン・ダウン 戦士の約束』【監督:ディート・モンティエル|原題:Man Down】(2015年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

マンダウン 戦士の約束の動画を無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、シャイア・ラブーフ主演映画『マン・ダウン 戦士の約束』のフル動画が日本語吹き替え版と字幕版とともに見放題で配信されています。

hulu(フールー)

huluは、すべての配信動画が見放題です。洋画だけでなく、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメなど種類も豊富にそろっています。そして、トライアル視聴できる無料期間が2週間あるんです。

つまり、トライアル期間内であれば、いつでも解約できますし、料金もかかりません(0円)。もちろん、簡単に解約できるので、安心して体験視聴できますよ。

>>huluで『マンダウン 戦士の約束』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年5月16日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにて、ご確認ください。

マンダウン 戦士の約束の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【映画】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のようなデメリットがあります。

画質や音質の程度が低く、快適に視聴できません。そして、スマホやパソコンがウイルス感染するリスクもあります。なので、こういった違法の動画サイトで見る場合は、くれぐれも注意してください。

>>『マンダウン 戦士の約束』をhuluで快適に視聴する

マンダウン 戦士の約束のネタバレ感想と評価【映画】

映画『マンダウン 戦士の約束』は、精神に問題を抱えてアフガニスタンから帰還した兵士を扱った作品です。

アメリカでは心に問題を抱えた帰還兵が犯罪に走ったり、ホームレスになってしまうなど社会問題化しています。彼らの目に映る故郷の景色を描こうとしたのが本作の狙いです。

主人公ガブリエル・ドラマー(シャイア・ラブーフ)は、海兵隊員としてアフガニスタンに派遣されます。しかし、アフガニスタンでは戦闘中に母子を射殺、また、古くからの親友が戦死。そして、その親友と妻が不倫関係にあったことを知ってしまうなど、ショッキングな出来事を経験し続けました。

その結果、心神喪失と診断され本土へ帰国することになります。

出征前の故郷での家族との生活、海兵隊の新兵訓練、アフガニスタンでの戦闘と精神科医との対話、さらには帰国後の故郷の景色をめまぐるしく場面が変化していく中で、徐々にガブリエルを取り巻く上述の状況が明かされていきました。

そこで強調されていることは、アフガニスタンに出征後、ガブリエルが置かれた環境の苛酷さです。母子を殺害してしまったことや自分の不注意によって無二の親友を死なせてしまったことに対する罪責感。

さらに妻ナタリー(ケイト・マーラ)と親友デビン(ジェイ・コートニー)の裏切りを知ることにより、ガブリエルは追い詰められ、自殺願望を抱くようになります。

帰国したガブリエルの目には、故郷は人気がなく、町は荒廃したものとして映りました。そのため、彼は自分の家族も含めた町の人々がどこかに拉致されたと考えるようになり、故郷は新たなサバイバルの場となります。

自殺願望を持ちながらも彼がそれを思いとどまった理由が息子ジョナサン(チャーリー・ショットウェル)の存在であったことからもわかるように、新たなサバイバルの場で彼はひたすら息子を探し求めるのです。

映画『マンダウン 戦士の約束』では、荒廃した故郷の町が、実はガブリエルの心象風景であることは明かされず、どこかSFサスペンスの雰囲気を漂わせます。ひょっとしたら生物兵器による攻撃で故郷の町が荒廃してしまったのかと思わせるような場面も登場しました。

しかし、所々で物語に整合性が無いことに気付かされます。その典型が、戦死したはずの親友デビンが、帰国後のガブリエルと共に行動していることです。SFサスペンスとして観るには違和感が強すぎる展開に、何か別のことを語ろうとしている作品であることに気付かされます。

映画『マン・ダウン 戦士の約束』の終盤、人々が普通に行き交う町をさまようガブリエルの姿が映し出されることにより、実は本作は彼の精神の崩壊を描いている作品であることに気付くのです。

そして、現在のガブリエルを映し出していきます。家に寄りつかず、町をさまよう、わけのわからないことを常に口走り、どこか粗暴さを感じさせる人間としてガブリエルは描かれました。

精神を病み、ホームレスとして徘徊する帰還兵の典型的な姿をそこに見ることができます。いわゆる手に負えない状態になってしまっているのです。

しかし、ガブリエル自身の目には荒廃した町しかうつらず、そうした町で息子を救い出さなくてはならない使命感で彼は満たされていました。他人から見れば、今にも犯罪を犯しそうな人間の精神が、実は正義を果たさなくてはならない使命感で満たされていることの悲劇がここでは描かれています。

さらに、こうした使命感は他人からは理解されず、たとえ肉親であっても、近づいて欲しくないと当然、感じるのです。前半で描かれていた荒廃した町の描写は、PTSDの心象風景がいかに他者が理解することが難しいのかを語っています。

ガブリエルの子どもを救い出そうとする使命感は、銃を持って自宅に侵入し、息子を連れ出そうとする凶行に走らせてしまいました。妻を妻として認識できず、自宅内で発砲、彼女に銃をつきつけることまでしてしまいます。

警察の介入により妻と息子は保護され、警察との銃撃戦の中でガブリエルも正気を取り戻しました。もし、仮に警察がガブリエルの狂気の一端でも理解できていたなら、もう少し異なった対応になっていたのかもしれません。

ガブリエルが被弾するシーンには、そう思わずにはいられないのです。

帰還兵のPTSDという問題は、ヴェトナム戦争を扱った作品以降、頻繁に取り上げられるテーマになりました。それだけPTSDという問題が深刻であることを反映している結果だといえます。

解決に向けた努力は当然なされているにもかかわらず、目に見える成果は見えてきません。映画『マンダウン 戦士の約束』は、そうした現状に対して、帰還兵自身の目線で語ることを通じて、帰還兵が抱える問題に関して社会的な注目をもう一度、集めようとしているのだと感じます。

まとめ

シャイア・ラブーフ主演映画『マン・ダウン 戦士の約束』の動画を無料視聴できる方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、映画『マンダウン 戦士の約束』をhuluで見てみる