ヒューマンドラマ

ハンドメイズテイルシーズン2第10話あらすじネタバレ【海外ドラマ】

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2第10話【最後の儀式】のあらすじネタバレと感想をまとめてあります。

また、ネットの反応や評価をご紹介しました。

前回の話はこちら
ハンドメイズ・テイルシーズン2第9話【スマート・パワー】

ハンドメイズテイルシーズン2第10話あらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第10話【最後の儀式】

ドラマ『ハンドメイズテイル』で”儀式”が何を意味するのか、あなたも、ご存知かと思います。

当然のごとく、いきなり儀式シーンから始まるのですが、組み敷かれているのはエミリー(アレクシス・ブレデル)ですね。

ジューン(エリザベス・モス)は出産間近ですから、儀式とか出来るわけがありません。

ロイ(ローレンス・コットン)は、この直後に亡くなっていますから、彼にとっては最後の儀式だったというわけですか。

ロイの死について噂をしているうちに、ジューンの体調に変化が現れます。

陣痛の始まりによって、ウォーターフォード邸は上を下への大騒ぎです。

近所中から侍女、女中、妻、そして司令官まで集まっています。

ここで面白いのは、侍女と妻ですかね。

当然、侍女は出産に立ち会いますし、その準備を手伝うのだって納得できます。

しかし、なぜか妻も”疑似出産”を始めているんですよ。

儀式に始まり、妊娠中の検査など、妻は色々な体験を疑似的に行います。

これは侍女制度の特徴でもありますし、子供に思い入れを抱くために必要なプロセスだとは思いました。

でも、大の大人が集まって出産ごっこに興じる姿は、どうしても滑稽に映りますよね。

しかも本陣痛ではなかったおかげで、より滑稽さが増していました。

大恥をかかされたセリーナ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)は、ジューンをどこか他の地区にやってくれとまで言ってますね。

どうせ他の地区に行くならと、ジューンは司令官に頼みごとをします。

ここでは、「権限があるなら」という発言がフレッド(ジョセフ・ファインズ)の逆鱗に触れてしまいました。

駄目押しで「あんたの種じゃない」とほのめかすジューン。

とうとう、ウォーターフォード夫妻はジューンを持て余し始めました。

出来れば、とっとと子供を産んでどこかに消えて欲しい・・・では、出産を早めてしまおう。

と言うことで、タイトル通りの最後の儀式を執り行います。

ハンドメイズ・テイルは、どぎついドラマですが、泣き叫ぶ妊婦を無理やりっていうのは、さすがにやり過ぎなんじゃないかと。

オープニングと同じ「これは仕事」というナレーションが入りますけど、ジューンの叫び声と相まって、全く割り切れていないのを強調するだけになっていますね。

次の日に司令官から、”ご褒美”が与えられます。

「俺にはこれぐらいの権限があるんだぞ」と見せつける目的の方が大きいでしょうけど、ハンナ(ジョーダナ・ブレイク)に会ったら、そんなことは、どうでも良くなったはずです。

感動の再会の後、娘と別れるシーンでは、娘に与える助言がだんだん長くなっていくところが良いですよね。

娘への気遣いや心配が、上手く表れていました。

さて、最近イーデン(シドニー・スウィーニー)の扱いやルーク(O・T・ファグベンル)への嘘等問題が多かったニック(マックス・ミンゲラ)が、やっぱり痛い目に遭いましたね。

ニックに関しては自業自得と言えますが、巻き込まれたジューンは大変です。

独り取り残されてしまったジューンに、儀式の効果が出たりしなければ良いのですけれど。

気になる次回は
ハンドメイズ・テイルシーズン2第11話【ホリー】

ハンドメイズテイルシーズン2第10話のネットの反応や評価は?【海外ドラマ】

カバ吉くん
カバ吉くん
セリーナが変わるかもと期待していたけど、やっぱりダメだったぞ。そっかー、洗脳と考えれば良いんだ・・・ちょっと納得。

ドラちゃん
ドラちゃん
今回も、相変わらずの展開でしたね。

まとめ

海外ドラマ『ハンドメイズ・テイル』シーズン2第10話【最後の儀式】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

後半では、ネットの反応や評価をご紹介しています。

ひきつづき、シーズン2第11話以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

ドラマの動画情報は、こちらにまとめてあります。
ハンドメイズ・テイルの動画配信を無料視聴する方法