ヒューマンドラマ

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの動画フル無料視聴|吹き替えは?【映画】

映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』【監督:マイケル・グランデージ|原作:A・スコット・バーグ|原題:Genius】(2016年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』字幕版のフル動画が配信されています。

残念なことに、日本語吹き替え版は動画配信されていません。

dTV(ディーティービー)

また、見放題サービスのhulu(フールー)では、取り扱っていませんでした。

dTVには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

>>dTVで映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年2月19日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』の動画フルをdTVで快適に視聴する

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』は、実話に基づいた作品で、編集者マックス・パーキンズと作家トマス・ウルフの交流を描いています。1920年代というと、どうしても世界恐慌のおかげで暗い時代というイメージが先行してしまうでしょうね。

しかし、一方で本作にも登場する、スコット・フィッツジェラルドが活躍していた時代でもあり、当時は新たな価値観を生み出そうとする文学が花開いた時代でもあります。

そうした時代の文化を担った編集者パーキンズとウルフが共に作品を練り上げていく過程を物語の中心に据えたのです。そして、パーキンズとウルフそれぞれの私生活が絡み合って物語が展開していきます。

編集者と作家との間の心の交流として映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』を見ると、そこには滅多に笑わず、感情を表に出さないパーキンズと、他人の話に耳を傾けず、自信過剰で感情表現過多なウルフとの間の深みがない言葉のやり取りが目立ってしまい、物語全体が浅薄なものに見えてしまいます。

しかし、編集者と作家による一つの作品を練り上げる共同作業のあり方という観点で本作を見ると、非常に語りかけてくるものが多い作品です。

映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』に登場するウルフ(ジュード・ロウ)は、溢れんばかりのアイデアは持っているものの、文章は冗長で、いわゆる商業作品には向いていない作風でした。

彼は作品を数多くの出版社に持ち込みますが、ことごとく断られてしまいます。しかし、パーキンズ(コリン・ファース)はウルフの文章の中に何か光るものを見いだし、彼の文章を簡潔に編集し直し出版して、ベストセラーとなりました。

2年という驚異的な期間を編集に充てるというパーキンズの根気強さに圧倒されると同時に、ウルフの作品における編集者パーキンズの果たした役割の大きさに気付かされます。

パーキンズ自身は表に出ることを嫌がり、裏方に徹しようとしますが、これだけ編集者の役割が大きいとどちらが作家かがわからなくなります。フィッツジェラルド(ガイ・ピアース)とパーキンズの関係との対比がこの点をはっきりさせてくれたのです。

フィッツジェラルドは、ベストセラー作家になったものの、次作のアイデアが枯渇してしまい、迷走中とも呼べる作家でした。彼に対してパーキンズは当座しのぎの資金を援助することくらいしかできません。

このことからもわかるように、いくら編集者が有能であっても、作家がアイデアを具体化しなければ、作品を前に進めることができないのでした。やはり作品は作家ありきのものなのです。

二人の作業で目立つのは、どちらかが音読をして他方に聞かせながら内容を確認していく作業となります。音読によりリズミカルに文章を読み通せるかどうかが、内容の良さと同じくらい重要な役割を担っていることに気づかされるのです。

英語と日本語の違い、表音文字と表意文字の相違も大きく影響しているのだと思いますが、ここまで音読が重視されていることには驚きました。アメリカでは読書会と称する音読会が一般化しています。

このことを考えると、文学における音の役割というのは日本語とは比べものにならないほど大きなものであることに気付かされました。音にして発することにより言葉や文章は初めて意味を成すという発想が強く根付いた文化であることを感じさせてくれます。

まとめ

映画『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐをdTVで見てみる