コメディ

テッドの動画フルを無料視聴 日本語吹き替えや字幕も見れる【映画】

マーク・ウォールバーグ主演映画『テッド』【監督:セス・マクファーレン|原題:Ted 】(2012年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

テッドの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マーク・ウォールバーグ主演映画『テッド』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

dTV(ディーティービー)

また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

dTVには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

続編はこちら
テッド2の動画情報

>>dTVで映画『テッド』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年6月10日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

テッドはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『テッド』の動画フルをdTVで快適に視聴する

テッドのネタバレ感想と評価【映画】

物語の設定がテディベアのぬいぐるみに命が宿り、人間と共に生活するものであることから、幼い時に感じた切ない気持ちやそれを懐かしむ心を刺激する作品という印象をタイトルからは受けます。

しかし、映画『テッド』は、実際には永遠に親友であることを誓った人間とテディベアが、少々やんちゃな部分も含めてあらゆることを共に体験しながら成長し二人だけの強固な世界を作り上げ、それが外の世界との接触を通じてどう変わるのか、あるいは変わらないのかを描いた作品です。

そのため荒々しいボストンの下町で育った少年が成長する過程で身に付ける差別感情や、「男らしさ」という名の野蛮さや下品さが前面に押し出されており、テディベアが与える物静かで優しさを感じさせる印象とは真逆の内容になっています。このギャップと作品中の下ネタのオンパレードに思わず笑ってしまう作品です。

テディベアのぬいぐるみは、ほとんどの子どもが幼少期に共に過ごすおもちゃですが、映画『テッド』は、そうしたぬいぐるみで遊んだ時期ではなく、その後の時期、10代から20代前半にかけての多感な時期を懐かしむ心を刺激します。

本作の主人公ジョン(マーク・ウォールバーグ)の少年時代である1980年代に流行した様々なアイテムが登場し、これらのアイテムがジョンにどれだけ大きな影響を与えているのか、そして、ぬいぐるみのテッド(声:セス・マクファーレン)と共にこうしたアイテムを経験していることにより、二人の共有する世界の濃密さが描かれていました。

例えばジョンの携帯の着信音が、テッドからのものは世界的にヒットしたドラマ『ナイトライダー』のテーマソングであったり、恋人のロリー(ミラ・クニス)からの着信音がダースベイダーのテーマソングであったりすることに、こうしたことが現れます。

極めつけは、二人がヒーローと崇めるのが映画『フラッシュ・ゴードン』の主人公サム・ジョーンズであることです。実際にサム・ジョーンズは、テッドのホームパーティーに登場するのですが、彼に会うためにジョンは、ロリーとの約束を破ることまでしてしまいます。

このことは、ジョンとテッドが成長する過程で築き上げた二人の世界が、大人になってからも二人の間で大きな位置を占めていることを意味しているのです。さらに二人を結びつけるこうしたアイテムの影響力は強ければ強いほど、外からは触れがたいものになります。

また、80年代への着目、とりわけ『フラッシュ・ゴードン』やクイーンによる同作のテーマソングは、本作を観るであろう中年世代を強く意識したものであるように感じました。

しかし、二人の強固な絆は、ジョンの恋人ロリーとテッドの熱狂的ファンで、彼を我が物にしたがるドニー(ジョヴァンニ・リビシ)によって危機に陥ります。ロリーは見かけによらず下品で猥雑なテッドに我慢がなりません。

また、ジョンが今一つ大人になりきれないのはテッドの存在のせいだと考えます。そのためロリーはジョンに、自分とテッドのどちらを選ぶのかを迫るのでした。ジョンはロリーを選ぶのですが、テッドとの関係を完全に断ち切ることができません。このことがロリーとの関係を危うくしてしまいます。

しかし、ドニーによってテッドが誘拐されるという危機をジョンとロリーが共に乗り切ることで二人の関係は元通りに修復しました。また、テッドも無事に救出され、3人の新たな関係が出発する形で物語は終わります。

大人になるためには過去の何かを切り捨てなくてはならないということはよく言われます。しかし、何かを切り捨てなくても成長できるという『テッド』のエンディングは、理想ではありますが、なかなか実現できないものです。

成長する過程で疎遠になっていく友だちやかつて、熱狂した趣味など、これまで知らず知らずのうちに存在を忘れてしまったものは誰にでもあるでしょうね。ジョン、ロリー、テッドの3人の関係が修復されるエンディングは、過去も未来も共に大切にしながら成長していくという人間の理想を描いている点で夢に溢れています。

ロリー役のミラ・クニスは、映画『サードパーソン』ではジュリアを演じています。物語が進むにつれて、違和感がスッキリしていく不思議な作品です。
サードパーソンの動画情報とネタバレ感想

まとめ

マーク・ウォールバーグ主演映画『テッド』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、テッドをdTVで見てみる