アクション

メカニックの動画フルを無料視聴【ジェイソンステイサム主演映画】

ジェイソン・ステイサム主演映画『メカニック』の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
プールでの暗殺シーンは見のがせないぞ。

【予告動画】

メカニックの動画フルを無料視聴する安全な方法【ジェイソン・ステイサム主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『メカニック』のフル動画が見放題で配信されています。

さらに、続編の『メカニック ワールドミッション』も動画配信中です。

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

さらに、U-NEXTの無料トライアル特典には、600円分のポイントがプレゼントされるのです。

U-NEXTは、早い時期に公開年度の新しい映画が動画配信されます。

残念なことに、そういった映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、そういった新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

>>U-NEXTで映画『メカニック』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年7月31日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

メカニックはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ジェイソン・ステイサム主演映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『メカニック』のフル動画をU-NEXTで快適に視聴する

メカニックのあらすじネタバレと感想【ジェイソン・ステイサム主演映画】

映画『メカニック』はジェイソン・ステイサム演じる殺し屋アーサー・ビショップが、組織の裏切りによって陥った窮地から、持っている能力を最大限に活用して脱するアクション作品です。

殺し屋が主人公の映画というとやたらと高い狙撃能力や格闘技術を生かして標的を暗殺するスタイルを思い浮かべがちです。

しかし、本作の主人公ビショップは、こうしたスタイルとは一線を画します。

たしかに、彼には銃の扱いや格闘能力に非常に秀でたものがあります。

けれども、彼はそうした能力を暗殺の場面では極力、使おうとはしません。

彼の殺しの流儀は、事故を装うか、他人に罪を被せるスタイルであり、最高の仕事は存在を知られないことだと彼自身が語ります。

こうした彼のスタイルを堪能できるのが冒頭のコロンビアの麻薬王暗殺シーンです。

麻薬王がプールで泳いでいる最中に、ビショップはプールの底から忍び寄り、麻薬王を溺死に装って殺しました。

監視についていたボディ・ガードは、麻薬王が溺れたことには気付きますが、他殺であることに気付きません。

まさに、存在を知られずに暗殺を実行するのです。

もう一つのビショップの仕事の流儀は、周到な準備が勝利を招くとするものです。

標的の行動や趣味を逐一、調べ上げ、また事故を装うために、薬の飲み合わせ等による死因を研究するなど、仕事を行うための下調べを完璧にし、不測の事態が起きても対処できるようにしておきます。

そのため、ちょっとのことでは動じませんし、あらゆる事態に冷静に対処します。

まさに完璧な殺し屋です。

厳格な仕事のスタイルを持っているという意味で、同じジェイソン・ステイサム主演の映画『トランスポーター』とキャラクターが重なり合う部分があります

しかしながら、こちらのほうが殺し屋だけに、相当に冷酷非情で、後悔や罪の意識等の人間的な部分が皆無であることが特徴的です。

ビショップを完璧な殺し屋に教育したのが、同じ組織に所属するハリー(ドナルド・サザーランド)という人物です。

そして、彼は組織に裏切り者の烙印を押され、ビショップに暗殺されてしまうのでした。

後に、これが全て組織によるでっち上げであることがわかり、ビショップはハリーの息子スティーヴ(ベン・フォスター)と共に、組織への復讐を果たします。

しかし、その過程でハリー暗殺の実行犯がビショップであることをスティーヴに悟られ、危うく殺されかけますが、逆にスティーヴを罠にかけて殺すことに成功するのです。

周到な準備が勝利を招くという言葉通り、スティーヴによる復讐を予測し、それへの対処を怠らないスタイルは見事というしかありません。

ビショップは、もし自分が死んだらスティーヴは自分が所有する古いスポーツカーに真っ先に乗るだろうという行動を予測します。

そこから、スポーツカーに爆弾を仕掛けておく展開は、予測していなかっただけに驚きました。

また、最後までビショップの仕事の流儀が貫徹していることが素晴らしかったです。

他方で、もう一つの流儀である、事故に見せかけるか、他人の仕業に見せかけるというスタイルが、組織幹部ディーン・サンダーソン(トニー・ゴールドウィン)への復讐シーンでは見られなかったのが残念でなりません。

派手なアクションシーンで見応えはあるのですが、そうではなくて、もう少しストーリーを首尾一貫させる設定が欲しかったです。

>>続編の『メカニック ワールドミッション』の動画情報はこちら<<

まとめ

映画『メカニック』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、あらすじネタバレや感想がまとめてあります。

存在を知られずに暗殺するジェイソン・ステイサムを見てみませんか。

今すぐ、メカニックをU-NEXTで見てみる