アクション

エンドオブホワイトハウスのフル動画を無料視聴【ジェラルドバトラー映画】

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のフル動画を無料視聴する方法を紹介します

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
ジェラルド・バトラーは、映画『ジオストーム』では異常気象から地球を救うジェイク・ローソンを演じているぞ。

エンド・オブ・ホワイトハウスのフル動画を無料視聴する安全な方法【ジェラルド・バトラー主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のフル動画が配信されています。

字幕版、日本語吹き替え版ともに見放題です。

VODサービスには、無料視聴できるトライアル期間があります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)ですから、見なきゃ損って感じ。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

※紹介しているVODサービスの情報は2018年7月3日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

エンド・オブ・ホワイトハウスはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のあらすじネタバレと感想

本作品は、武装集団がホワイトハウスを占拠し、大統領を人質に取るという、一昔前ではあり得ない設定のアクション映画です。

警備厳重なホワイトハウスを襲撃するという発想自体が、あまりに非現実的であるため、一歩間違えば滑稽なB級アクション映画に終わってしまう可能性が高いからです。

しかし、『エンド・オブ・ホワイトハウス』は全編を通じて緊張感と迫力を感じながら観ることができます。

アクション映画として成立しているのです。

それは一つには、2001年のアメリカに対する同時多発テロの影響があること。

そして、もう一つにはホワイトハウスを襲撃する武装集団の所属する国を北朝鮮と特定したことにあるように思います。

2001年のアメリカでの同時多発テロは、例えばマンハッタンのツイン・タワーに旅客機が突入するなど、人々の想像をはるかに超えた凄惨な攻撃が行われました。

それまで誰も考えたことがないようなテロ攻撃が現実に起きたことは、アクション映画にも大きな影響を与えたように思います。

生半可な攻撃対象では、人々を満足させることができなくなってしまったのです。

そして、行き着いた先がホワイトハウスへのテロ攻撃という設定だったのかもしれません。

現実のテロ攻撃が、人々に、ちょっとのテロ攻撃くらいでは驚かない感性を身につけさせたのかもしれません。

そのため、人々を驚愕させるような現実を超える設定として、ホワイトハウスという存在が注目されたのだと思います。

同時期に『ホワイトハウス・ダウン』という本作と似たようなストーリーの作品が公開されていますが、このことからも、ホワイトハウスがアクション映画の設定として人々の注目を集めていたことがうかがえます。

北朝鮮という国は、独裁政権の軍事国家であり、何をするかわからない国家という不気味なイメージが定着しているように思います。

しかし、実のところ、北朝鮮の軍隊や、北朝鮮に暮らす人々の国家に対する忠誠心のあり方などに関して、ほとんど何も知らないのではないかと思います。

本作品はそうした北朝鮮に対するイメージと無知をうまく利用しているように思います。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』のストーリーは、北朝鮮の独裁政権に対して盲目的信仰を持ち、自爆攻撃も辞さない狂信的な武装集団が、大統領を人質に取って、最終的にはアメリカ国内の核ミサイルをその場で爆発させることで、アメリカに壊滅的打撃を与えようとするものです。

北朝鮮ならやりかねない、あるいはアメリカには北朝鮮のスパイが多数潜伏しており、ある日、突然彼らが武装蜂起するのではないか、という人々の意識をくすぐるようなストーリーです。

この北朝鮮に人々が抱く不気味なイメージが作品に独特のリアリティを与え、現実には起こりえないホワイトハウスに対するテロ攻撃というストーリーが、ある種のリアリティーを持ったのではないかと感じます。

また、『エンド・オブ・ホワイトハウス』が緊迫感みなぎるものになったのは、舞台がホワイトハウス内部という閉鎖された空間に限定されたことも大きいように思います。

外から攻撃ができず、かといってホワイトハウス内部で頼りになるのは主人公のシークレット・サービスのエージェント一人のみという状況です。

主人公のエージェントは孤軍奮闘し、大統領救出、テロ集団のリーダー殺害、そして核ミサイルの起爆スイッチを停止することに成功します。

事態を収拾できるのは主人公マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)のみという状況を作り出し、一人の人間のタフさを描き出すことにより、手に汗握る緊迫感を描き出しているのです。

アクション映画の古典的プロットともいえ、映画『ダイ・ハード』の影響を非常に受けているのではないかと感じました。

しかし、こうしたプロットはいつの時代でも観る者を興奮させるのだといえます。

まとめ

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のフル動画を無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、あらすじネタバレや感想がまとめてあります。

ジェラルド・バトラーの孤軍奮闘ぶりはスカッとしますよ。

今すぐエンド・オブ・ホワイトハウスをdTVで見てみる