アクション

GODZILLA ゴジラ 2014の動画フル無料視聴 吹き替えも字幕も見える【映画】

映画『GODZILLA ゴジラ』【監督:ギャレス・エドワーズ|原題:Godzilla|上映時間:123分】(2014年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

GODZILLA ゴジラ 2014の動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『GODZILLA ゴジラ』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

映画好きが思わずハマるU-NEXTの魅力

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。たとえば、配信が始まったドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』(2018年)が追加料金なしで見えます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。それに、新作は貸し出し中のことが多く、見れずにガッカリすることもありました。ネット配信は一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、ワクワクする動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『GODZILLA ゴジラ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年5月14日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

GODZILLA ゴジラ 2014はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『GODZILLA ゴジラ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

GODZILLA ゴジラ 2014のネタバレ感想と評価【映画】

映画『GODZILLA ゴジラ』は、ハリウッドによるゴジラシリーズのリブートです。ハリウッドが制作していることから、当然のことながら日本人や日本に関する描写には若干の違和感があります。

しかし、今日のアメリカ人の日本理解を投影したものと考えると、一昔前のアメリカによる日本理解のあり方がだいぶ進んできたことをうかがえました。

また、ゴジラが日本発祥の怪獣であることや、原発のメルトダウンという実際に日本で起きた事件を踏まえた世界観の設定に、かなり日本版のゴジラを意識した作品であることを感じます。

映画『GODZILLA ゴジラ』では核をエネルギー源とするムートー(M.U.T.O.)と呼ばれる怪獣2体をゴジラが追跡、打ち倒すというストーリーになっています。※M.U.T.O.は、Massive Unidentified Terrestrial Organism(未確認巨大陸生生命体)の頭文字をとった略称です。

2体のうちの1体のムートーは、日本の原発からハワイ、アメリカ本土へ移動します。そして、アメリカ本土のネヴァダに現れた、もう1体のムートーとサンフランシスコで合流しました。

ゴジラはハワイ以降、執拗にムートーを追跡し、サンフランシスコで2体を打倒することに成功します。ここではゴジラの執拗な追跡が印象的なのですが、なぜゴジラがここまでムートーに執着するのかは最後まで明らかにされないまま物語は終わりました。

サンフランシスコでのムートーとの対決に見られるように、ゴジラは命がけでムートーを倒そうとします。ゴジラの激しい怒りとそこから生じる残忍さと執念深さが存分に感じられました。

ムートーの破壊力の前に全くの無力である人間にとって、こうしたゴジラの姿は救いの神のように映ります。また、怪獣間の掟を破ったムートーに対して激しい鉄拳制裁を下しているようにも見えました。

ゴジラの意図をめぐってはいくらでも解釈が可能です。ゴジラを多用に解釈する余地を持たせるために、あえてゴジラの意図をぼかし、全く得体の知れない存在として描いたのかもしれません。

仮にゴジラを人類の救済者として描くと、物語全体がヒーローものとしての性格を帯びてしまいます。しかし、あえてそうしないことにより、ゴジラが人類の救済者としてではなく、人類に対して怒れる警鐘を与える者としての性格も付与されるといえるでしょう。

映画『GODZILLA ゴジラ』における人間の存在は、核兵器によって怪獣を退治しようとする行動はあるものの、あくまでも傍観者という位置づけです。人智によっては対抗し得ない力を持つ怪獣の前では、あまりに人間は無力です。

また、すでに述べたように、ゴジラの意図は明らかになりません。ここに、テロや戦争といったものとは異質な脅威として怪獣をとらえることができます。人類に大きな被害をもたらすものの、被害を与える側の意図がまったくわからない不気味な存在という意味で、怪獣は自然災害になぞらえることができるかもしれません。

作品序盤の原発跡地にムートーが隠れ住むという設定は、こうしたことを示唆しているように感じました。また、災害大国日本からこうした怪獣が現れるというストーリーも、怪獣を自然災害になぞらえようとしていることをうかがわせます。

また、続編にあたる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(原題:Godzilla: King of the Monsters)が2019年5月31日(金)から公開予定です。

まとめ

映画『GODZILLA ゴジラ』(2014年)の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、GODZILLA ゴジラをU-NEXTで見てみる