アクション

13時間 ベンガジの秘密の兵士(映画)の動画配信を無料視聴!

映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』【監督:マイケル・ベイ|原作:ミッチェル・ザッコフ|原題:13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi】(2016年)の動画配信を無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『13時間 ベンガジの秘密の兵士』を見てみる

13時間 ベンガジの秘密の兵士(映画)の動画配信を無料視聴する安全な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』(2018年)日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

U-NEXT
Hulu ×
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年6月6日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

13時間 ベンガジの秘密の兵士(映画)の動画配信を見るならU-NEXT

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

たとえば、マット・デイモン主演映画『スティルウォーター』【監督:トム・マッカーシー】(2021年)が追加料金なしで見えます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

それに、新作は貸し出し中のことが多く、見れずにガッカリすることもありました。ネット配信は一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとってテンション上がる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

13時間 ベンガジの秘密の兵士(映画)はパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。ときおり、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。画質や音質のレベルが低く、ウイルスに感染する恐れもあるのです。ですから、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

13時間 ベンガジの秘密の兵士(映画)のネタバレ感想と評価

映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』は、2012年にリビアのベンガジにあるアメリカ公使館襲撃事件を題材にした作品です。

内戦後の極端に治安が悪化したリビアにおいて、CIAの秘密基地と領事館を守るべく配置された契約軍事職員たちの絶望的な戦いが描かれます。

『13時間 ベンガジの秘密の兵士』では主に6名の契約軍事職員の活躍が描かれました。

契約軍事職員は民間軍事企業と契約し、その企業から戦地に派遣されるというスタイルであることから、高額の報酬に目がくらんだ、どこか裏稼業の兵士というイメージで見られがちです。

また、正規軍の兵士と比較して、彼らの活動にはあまり注目が集まることはありません。

本作は、そうした契約軍事職員に対する偏見を正すこと、また彼らの国家への貢献を評価することを目的とした作品です。

映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』の大きな特徴は、何といっても迫り来るイスラム武装集団から領事館などの施設を防衛する際の戦闘シーンの迫力にあります。

敵味方の区別が上手くいかない夜間の市街地での戦闘や、夜の闇を切り裂く曳光弾の弾道が戦闘の激しさを伝えます。

また、わずかな人数で施設を守らなくてはならないこと、さらに民間軍事企業から派遣された兵士を心よく思わないCIA秘密基地の責任者の存在もあり、彼らの行動には制約がかかってしまうのでした。

これにより戦う前から非常に不利な状況に置かれてしまうことが、やられてしまうかもしれないという緊張感をとことん盛り上げます。

何かが起きるかもしれないという緊迫感は、作品冒頭から強調されているんです。

例えば、新任の契約軍事職員であるジャック(ジョン・クラシンスキー)がベンガジに到着した際、イスラム武装勢力によって車が止められるシーンがあります。

車に向かって対戦車砲を向けるなど、むき出しの敵意を見せる武装勢力のあり方は、常に何かが起きるかもしれないという恐怖感で作品を満たします。

この恐怖感や不安が終盤の戦闘シーンで現実のものとなるのです。

そして、戦闘シーンの迫力は個々の軍事契約職員がそれまで感じていたやられるかもしれないという恐怖を忠実に再現しているようにも見えます。

最初は領事館、次はCIA秘密基地というように、1つの戦闘シーンが終わっても、次に別の場所でそれまで以上の激しい戦闘が行われる展開は、途絶えることの無い緊張感と恐怖が満ちています。

次から次へと襲ってくるゾンビのようにイスラム武装勢力が描かれていますが、尽きることのない戦闘を強調するために、あえて武装勢力をゾンビのように描いたのかもしれません。

決して恵まれた環境とはいえないベンガジのCIA秘密基地の存在自体が周囲の理解を得にくい状況の中で軍事契約職員は命がけで秘密基地職員の身を守ることに成功しました。

彼らは身分こそ違え、アメリカの正規軍の兵士と同じかそれ以上の国家への献身を示したことが伝わります。

しかし、それ以上に映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』で印象に残るのが、退くことを知らないイスラム武装勢力が与える理不尽なまでの恐怖と、それに対抗していくことの難しさです。

兵士の活躍よりも、イスラム武装勢力と対抗することの難しさが印象づけられているという点で、当初の狙いとは異なる結果を導いてしまっているようにも感じます。

まとめ

映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』の動画配信を無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、13時間 ベンガジの秘密の兵士をU-NEXTで見てみる