サスペンス

ザ・タウンの動画フル無料視聴|吹き替えも見れる【ベン・アフレック映画】

ベン・アフレック主演映画『ザ・タウン』【監督:ベン・アフレック|原作:チャック・ホーガン|原題:The Town】(2010年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

ザ・タウンの動画フルを無料視聴する安全な方法【ベン・アフレック映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ベン・アフレック主演映画『ザ・タウン』のフル動画が見放題で配信されています。

日本語字幕版と吹き替え版ともに見られるのは、うれしいですね。

映画好きに人気があるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ザ・タウン』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年1月10日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ザ・タウンはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ベン・アフレック映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ザ・タウン』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ザ・タウンのネタバレ感想と評価【ベン・アフレック映画】

映画『ザ・タウン』は、洗練された手口で現金強奪を繰り返すボストンの犯罪グループを描いた作品です。

犯行時の手際の良さや派手なカーチェイスと銃撃戦など、アクションだけでも十分に魅せられるのですが、それ以上に登場人物たちの人間模様に惹きつけられる映画となっています。

犯罪グループのリーダーであるダグ・マクレイ(ベン・アフレック)の人生に対する葛藤、奇妙な巡り合わせで出会った女性との恋が中心に描かれ、人生は変えることができるのかというテーマについて考えさせられる作品です。

マクレイが襲撃した銀行の女性支店長クレア・キージー(レベッカ・ホール)と恋に落ちます。自身が銀行強盗の犯人で、なおかつ彼女を人質にした張本人であるという事実をマクレイは彼女に隠し通せるのかというのが物語の中心で、そこに意識が向いてしまいがちです。

しかし、『ザ・タウン』において、それ以上に重要さを持つのは、マクレイの変わりたいという願望をどのように実現するのかという点にあります。彼は誰もが「人生を変えたい」と考えているけれども「変えない」、しかし、自分は「変えてみせる」と語るのです。

では、具体的にどのように変えるのかが、マクレイの行動に表れます。

ボストンの荒んだ地域に育ち、父親は犯罪者で現在は刑務所に収監され、無意識のうちに自身も犯罪者になってしまった人生を彼は悔いていました。一方で、彼の幼なじみで親友でもあるジェームズ・コフリン(ジェレミー・レナー)には、自らが置かれた環境に対するある種の開き直りが見えます。

警察権力など何とも思わない地域に育ち、粗暴な行動を当然のものと考える、人生はなるようにしかならないけれども、二度と刑務所には行きたくないから命がけで犯罪に挑むという考えです。そして、彼は仲間との絆を何よりも大切にします。

一般的な倫理観から見れば、どう考えてもマクレイの考えが正しいです。しかし、両者が育った環境を考えると、ジェムの考えも頭から否定することはできません。

貧しい地域に育ち、世間からは冷たいなまなざしを向けられる中、刑務所に入ることも意に介さず犯罪に手を染める人生は、それが当たり前の地域であれば否定することは難しいからです。

ボストン警察のディノ刑事(タイタス・ウェリヴァー)は同じ地域出身でありながら、生まれた地域に関する知識を活用することで捜査官として活躍しています。ディノ刑事の行為は仲間の団結から見れば明らかに倫理的に劣った行為であり、裏切りにも等しい行為です。

一見、マクレイの倫理観が正しいと思わせつつ、物語の展開に伴って、どちらの説も否定できなくなっていく点が物語の最も重要なポイントであると感じます。犯罪者の目線に立ったストーリーであるがゆえに、このことを語ることができるのです。

物語はボストンの野球場の売り上げ金強奪でヤマ場を迎えます。大規模な警備態勢が敷かれている巨大施設での現金強奪は並大抵のことでは成功しません。ジェムが警察との激しい銃撃戦の末に死亡するなど、4人いた犯行グループの仲間はマクレイ1人になってしまいます。

彼は巧みに変装して列車で逃亡することに成功しました。「変わってみせる」という彼の誓いは実現したのかもしれません。

しかし、司法当局に追われ続けるというプレッシャーにさらされます。さらに、仲間を犠牲にしたことを負い目として、その後の人生を生きることを考えると、本当に変わることができたのかと考えざるを得ません。

なかなか、すっきりとは解決できない問題のように感じます。

まとめ

ベン・アフレック主演映画『ザ・タウン』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

カバ吉くん
カバ吉くん
クレア役のレベッカ・ホールは、映画『ザ・ギフト』では普通の生活から一変して恐怖に落ちる奥さんとして出演しているぞ。

今すぐ、ザ・タウンをU-NEXTで見てみる