サスペンス

ジャックリーチャーのフル動画無料視聴!吹き替えも見れる?【トムクルーズ主演映画】

映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(原題:Jack Reacher:Never Go Back|監督:エドワード・ズウィック|原作:リー・チャイルド)のフル動画を無料視聴する安全な方法を紹介します

記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

今すぐ、『ジャック・リーチャー』を無料で見てみる

カバ吉くん
カバ吉くん
今回は、海外ドラマ【プリズンブレイク】のティーバッグ役ロバート・ネッパーが出演してるぞ。もちろん、悪役でww

ジャックリーチャーのフル動画を無料視聴する安全な方法をご紹介!【トムクルーズ主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスを利用すれば、トム・クルーズ主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』字幕版および日本語吹き替え版のフル動画配信を見ることができます。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年8月18日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ジャック・リーチャー』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

ジャックリーチャーをYouTube(ユーチューブ)などでは無料で見られないの?

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • YouTube(ユーチューブ)
  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらの動画共有サイトには、著作権を無視して勝手にアップロードされています。

最近では、違法アップロードされた動画が削除されるまでの期間が短くなっているんです。

そのため、映画『ジャックリーチャー』のフル動画が見られるとは限りません。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をおおうように出ることもあるので、ストーリーを楽しむことができません。さらに、スマホやパソコンがウイルス感染する危険性もあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、その点をご理解の上、注意して利用してください。

>>映画『ジャック・リーチャー』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ジャックリーチャーのあらすじネタバレと感想【トムクルーズ主演映画】

前作『アウトロー』に続く、リー・チャイルド原作の小説「ジャック・リーチャー」シリーズ第2弾です。

前作がピッツバーグにおける銃乱射事件と、その背後にうごめく犯罪組織の陰謀を、放浪の元軍人ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)が暴き出すストーリーでした。

そして、今回はアメリカの民間軍事企業によるアフガニスタンにおける武器の横流しに端を発する米軍憲兵殺人事件の謎を、リーチャーが解き明かしていく物語です。

前作同様、リーチャーの肉体的な強さと機転の利く頭脳は本作でも冴え渡ります。

たとえば、殺人の容疑で軍刑務所へ拘置されたリーチャーが、同じ刑務所に拘置されているターナー少佐を救い出し、二人で脱獄するシーンです。

ここで、さりげない会話によって脱獄のチャンスを作る、トラックで逃亡したと見せかけてパトカーで逃げ出すなど、その場に最適な選択肢を瞬時に判断しました。

これらを実行していくリーチャーの頭の良さを垣間見ることができます。

また、前作以上にアクションシーンが多く、派手な格闘シーンや銃撃シーンなど、リーチャーのタフさと勇敢さに関しては前作以上に堪能することができます。

他方で全体的なストーリーに関しては若干、粗さが目立ちました。

本作品は、まず陸軍憲兵で、リーチャーの知り合いでもあるターナー少佐(コビー・スマルダーズ)がスパイ容疑で逮捕されることから事件が始まります。

その後、この逮捕は民間軍事企業がアフガニスタンでの武器横流しを隠蔽するために画策されたことや、民間軍事企業がアフガニスタンへ派遣されたターナー少佐の部下2名を殺害したことが判明しました。

また、武器の横流しに加えてアヘンの米国への密輸もこの企業が行っていることが明らかにされていきます。

しかし、たとえばターナー少佐の逮捕理由であるスパイ容疑が具体的に何を指すのかがはっきりとしません。

あるいは、部下2名の殺害とターナーのスパイ容疑との関わりも説明されないなど、どこか釈然としないままストーリーは展開していきます。

さらに、武器横流し事件と殺人事件の全貌を知る重要証人に関しても、手がかりが余りに少ない割にはあっという間に発見されてしまいます。

要するに説明不足のまま物語が先へ先へと展開していくのです。

そのため、サスペンスとして本作を見てみると、なかなか話の展開についていくのが難しく、その部分に物足りなさを感じます。

本作では民間軍事企業による犯罪を暴くという物語に加え、リーチャーの娘であると主張する少女が重要な役割を果たします。

リーチャーにとっては自分に娘がいるなど寝耳に水の話だったのですが、少女がリーチャーの娘であるという情報が民間軍事企業側に伝わり、民間軍事企業に雇われた殺し屋に追われることになってしまいます。

そして、リーチャーと行動を共にしていく過程で二人は徐々に絆を深めていきます。

結果的に、二人の間に血のつながりはなかったのですが、エンディングでは別れを惜しんで二人は涙を流すまでの信頼関係を築き上げます。

しかし、リーチャーは、誰かを守るために命がけの行動に打って出る優しさは持ち合わせていても、少女との別れを惜しんで涙するようなヒューマニズムは、たとえ持っていたとしても決して、そうした感情を表に出すタイプには思えません。

冷酷無比な人間が少女との触れあいを通じて、そうしたヒューマニズムを身につけたという解釈もあるのかもしれませんが、そうした変化が感じられる描写はありません。

そのため、涙を流すリーチャーの姿は、優しさといよりも、どこか弱々しさを感じさせる中年男性という印象を受けてしまいます。

どこまでも、孤独で流浪の旅を愛する人間というリーチャー像を、もう少し大切にしてもらいたかったというのが正直な感想です。

まとめ

映画『ジャックリーチャー』のフル動画を無料視聴する安全な方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、あらすじネタバレと感想がまとめてあります。

前作『アウトロー』を見ていない方もU-NEXTで動画配信していますので、一気見してトム・クルーズのアクションを楽しんでください。

今すぐ、ジャック・リーチャーをU-NEXTで見てみる