サスペンス

ハードサン第6話(最終回)のネタバレ感想【アギネス・ディーン海外ドラマ】

アギネス・ディーン出演の海外ドラマ『ハード・サン 滅亡の機密ファイル』第6話(最終回)【滅亡の目覚め】のネタバレ感想とあらすじをご紹介いたします。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応をまとめました。

前回の話はこちら
ハードサン第5話【親と子】

ハードサン第6話(最終回)のネタバレ感想とあらすじ【アギネス・ディーン海外ドラマ】

第6話【滅亡の目覚め】

「ハード・サンによって、人類は5年後に滅亡する」

そんな情報によって引き起こされる事件を描いた『ハード・サン 滅亡の機密ファイル』も、とうとう最終回です。

このドラマの見どころは、ハード・サンの正体が全く見えないことですかね。

何が起きるか分からないけれど、人類が確実に滅亡するというのだけは分かっています。

この恐怖が人々を狂気に駆り立て、様々な犯罪が起きるのです。

一部の人間がチラッと見ただけでこんな具合ですから、詳細が公開されたりしたらパニックになること間違いありませんよね。

そこで、MI5は必死に隠そうとしていたのです。

前回の第5話はチャーリー(ジム・スタージェス)の告白で幕を閉じましたが、最終話は、その隠蔽工作から始まります。

凶器の銃を誰かの家に移すのですけど、これは・・・グレース(ニキ・アムカ=バード)の家ですね。

グレースはチャーリーとエレイン(アギネス・ディーン)共通の敵ですから、敵の敵は味方と言わんばかりに共同で罠に嵌めたのですよ。

スパイが捕まったなんて間抜けな話ですが、ここに機密ファイルを漏らしてしまったという事実が加わった場合、そのスパイには死あるのみでしょう。

並行して起こるのは自殺志願者の連続失踪事件で、6人が全く同じ様な状況で行方をくらましています。

ジョージは以前、自殺志願者のサイトで犯人と接触したこともありますが、チャーリーとエレインはこの重大な手がかりを無視しました。

現在、彼らの最優先事項はグレースの尋問、そして始末なのです。

業を煮やしたジョージ(エイドリアン・ローリンズ)は犯人と連絡を取り、単身、囮として指定された場所に赴くのですが・・・。

第6話は最終回だけあって様々な事実が明らかになりますし、登場人物を取り囲む状況も急激に変化しています。

チャーリーは、アレックス(ダニエル・クーナン)を殺した理由のおかげで家族を失ってしまいました。

シモーヌ(ロレイン・バローズ)もヘイリー(タマラ・スマート)も彼を憎み、さげすんでいます。

エレインは、ダニエルと(ジョジョ・マカリ)一応、和解できた様です。

何とか脱出したグレースも追い詰められて死を覚悟しますが、夕陽を見た彼女は動きを止めてしまいます。

見どころなのに見えなかったハード・サンが、ハッキリ見えているんですよ。

あらゆる人間が太陽の変化に気付き、もう隠すことは不可能になりました。

人類の滅亡まで、あと4年41週6日18時間・・・もう止めることは出来ませんし、あんなものは人間の手に負えるはずがありません。

喜びや悲しみ、憎しみだって、どうでも良くなってしまいました。

さて、このドラマ『ハード・サン 滅亡の機密ファイル』では半端に終わったこともありますが、続編を望んでいるかと聞かれればハッキリ不要と答えます。

終わるタイミングを見誤れば、ドラマは一気につまらなくなりますからね。

静かで美しい夕焼けと共に訪れる、絶望のクライマックス。

この後は、何をやっても蛇足になってしまうでしょう。

ハードサン第6話(最終回)のネットでの評価や反応は?【アギネス・ディーン海外ドラマ】

カバ吉くん
カバ吉くん
これほど簡潔にまとめられた評価はないぞ。(笑)全6話でまとめたことは良かったけど。

ドラちゃん
ドラちゃん
たしかに、コンパクトサイズだったよね。ただ、10話も引っ張られたら、中だるみしたような気もします。

まとめ

アギネス・ディーン出演の海外ドラマ『ハード・サン 滅亡の機密ファイル』第6話(最終回)【滅亡の目覚め】のネタバレ感想とあらすじをご紹介しました。

そして、記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応がまとめてあります。