サスペンス

ブラインドスポット4第2話のネタバレ感想 ジェーンの幻覚が深刻化【海外ドラマ】

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』第2話【見えない地図】のあらすじとネタバレ感想をご紹介いたします。

前回の話はこちら
ブラインドスポット4第1話【新たなる敵】

ブラインドスポット4第2話のあらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

第2話【見えない地図】

13年前、FBIに飾られた、象嵌細工の世界地図。

今回、リッチ(エニス・エスマー)が偶然、気づいたのは、ロマン(ルーク・ミッチェル)のデータと壁の世界地図に一致する点があることでした。地図を調べるため、リッチは元カレのボストン(ジョッシュ・ディーン)を推薦します。

彼の活躍で謎は解けましたが、指定された住所に到着したジェーン(ジェイミー・アレクサンダー)とパターソン(アシュレイ・ジョンソン)はガスで眠らされ、拉致されてしまいました。

目が覚めた2人の前にいたのは、NSAのジェイソン・スタック(ティム・ギニー)と名乗る人物。秘密の部署であるゼロ・ディヴィジョンに所属しているという彼は、FBIが持っている事件のデータを要求するのです。

ゼロ・ディヴィジョンは、ナズが所属していた部署です。もしかすると、シーズン4ではストーリーに絡んでくるのかもしれません。

怪しげな人物が増えたところで、マデリン(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)が夫殺しについて告白しています。もちろん、HCIのCEOとして大きなことをやるつもりでしょうけど、マデリンは野望うんぬんよりも殺しが好きなように見えますね。

今回も一人、殺しますが、過去、CIAとFBIに在籍していた優秀な始末屋が証拠を消し去ってくれるので問題なし。

そして、ジェーンの症状はひどくなる一方でした。ロマンの登場回数が多いのは、それだけ頻繁に幻覚を見ているということです。

今のところ幻覚を見るのは一人きりの時だけですけど、症状が進んだロマンのことを思い出してみましょう。周りに人がいる時に、幻の医者と繋がらない電話番号で会話していたんですよ。

もし、現実の人物と幻覚のロマンが一緒に見え始めたら、ジェーンが深刻な状態に陥ったというサインでしょう。

さらに、ジェーンの芝居にはボロが出始めています。写真撮影を見られたのは相当ヤバいですよね。パターソンの解毒剤だけすり替えたのだって、ほどなくバレるはず。

ドランとのやり取りだって突き止められるでしょうから、芝居が上手く行こうが行くまいが近々、ジェーンの立場が危うくなることだけは確実です。できるだけ時間は稼ぎたいけど、いつまでも待ってはいられません。グズグズしていると、ZIPのせいで命を落としますし。

緊迫した状況を尻目に盛り上がるのは、リッチとボストンのポジション争い。

ボストンはリッチと同等のハッキング技術を持ち、美術の知識ではリッチを上回ります。嫌味な語り口ですが、パターソンいわく「前よりはイラっとしなくなった」そうです。印象の悪さは、手作りのスコーンを配るマメさでしっかりフォロー。

彼は、自分を捨てたリッチから色々と奪うことで復讐する気なのでしょうか。”パターソンと仲良くなっちゃった”と言わんばかりのハンドサインで、リッチは内心、焦っているはず。

ちなみに、字幕版と吹き替え版ではボストンの口調が結構違いますから、比べてみてください。

当面、気を付けるべきは、カート(サリヴァン・ステイプルトン)がジェーンの変化に、いつ気づくのかでしょうね。たぶん「実は○○の時から気付いてたんだ」の展開になるとは思いますけど、それまで色々と伏線を張っておくはず。

派手なアクションの陰で繰り広げられるのは、命を懸けた心理戦。ちょっとした表情やしぐさ、セリフの口調にいたるまで、カートとジェーンのやり取りから目が離せません。

気になる次回は
ブラインドスポット4第3話【秘密と嘘】

ブラインドスポットの動画を視聴する安全な方法【海外ドラマ】

現在、ブラインドスポットシーズン4は、WOWOWで毎週、オンエア中です。

また、VOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『ブラインドスポット タトゥーの女』シーズン1の全23話、シーズン2の全22話、シーズン3の全22話を動画配信しています。

詳しい動画情報は、以下に詳しくまとめました。

まとめ

海外ドラマ『ブラインドスポット4 タトゥーの女』の第2話【見えない地図】のあらすじとネタバレ感想をご紹介しました。

ひきつづき、シーズン4第3話【秘密と嘘】も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。