サバイバル

ザ・ウォールの動画フル無料視聴|日本語吹き替えや字幕版も見える!【映画】

ダグ・リーマン監督映画『ザ・ウォール』【原題:The Wall】(2017年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

【予告動画】

ザ・ウォールの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ダグ・リーマン監督映画『ザ・ウォール』(2017年)のフル動画が日本語吹き替えと字幕版ともに配信されています。

残念ながら、新しい映画のため、ポイント制や有料レンタル扱いです。

また、見放題サービスのhulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)では、動画配信されていません。

ただし、映画『ザ・ウォール』の動画フルを見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『ザ・ウォール』の動画フルを追加料金なしで視聴可能です。

だから、今ならU-NEXT(ユーネクスト)を選ぶことをオススメします。

>>U-NEXTで映画『ザ・ウォール』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年12月2日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ザ・ウォールはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ザ・ウォール』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ザ・ウォールのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ザ・ウォール』は、イラク戦争における米軍狙撃手と観測手、彼らと対峙するイラク軍狙撃手との戦いを描いた作品です。主な登場人物は米軍狙撃手と観測手のみで、イラク軍狙撃手は無線を通じた声だけの登場になります。

しかも米軍狙撃手は序盤で負傷し身動きが取れなくなってしまうので、全編を通じて登場するのは観測手1名だけです。自らも撃たれて負傷し、救援を期待することができないという絶望的な状況のなかで、見えない敵と戦う恐怖と緊張感、それに伴う感情の起伏が手に取るように伝わる作品に仕上がっています。

映画『ザ・ウォール』の舞台となるのはパイプライン建設現場です。おびただしい数の狙撃された遺体が散乱する中、米軍狙撃チームの二人は偵察任務にあたります。荒涼とした砂漠で、敵に撃たれるかもしれないという恐怖と緊張感が支配していました。

そして、まず狙撃手であるマシューズ(ジョン・シナ)が、次に彼の救出に向かった観測手のアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)が撃たれます。マシューズは意識を失い身動きができなくなってしまうのでした。ここからアイザックの孤独な戦いが始まります。

アイザックの耳元には、イラク軍狙撃手ジューバ(ライト・ナクリ)からの無線が入りました。わざと大型無線機を狙い本部との連絡を遮断したこと、水を狙ったこと、さらには膝を撃つことにより、ゆっくりと失血死するように仕組んだことをイラク軍狙撃手は語ります。

無線を通じてアイザックを精神的に追い込んでいくのです。さらにイラク軍狙撃手にはアイザックの行動が筒抜けで、奇妙な動きをすると、すかさず銃弾を撃ち込んできます。

しかし、アイザックにはイラク軍狙撃手がいる場所が全くわかりません。アイザックにしてみれば打つ手無しの状況になっています。反撃のしようがないのです。

しかも、イラク軍狙撃手は無線で語りかけてきます。アメリカの非道を批判し、アイザックのプライベートを聞き出そうとするのです。

兵士としてアイザックには、どこか頼りない部分があります。そこをイラク軍狙撃手は言葉巧みに聞き出し、容赦なく批判しました。時折、アイザックに優しく語りかけるような口調を見せますが、イラク軍狙撃兵はどこまでもサディスティックです。

戦場における敬意などとは全く無縁となっています。作品全体を通じてイラク軍狙撃手の冷酷さが際立ちました。

映画『ザ・ウォール』では、ここまでのアメリカ兵に対する憎悪は、なぜ生まれたのかという点については語られません。学校や病院に対する空爆など、アメリカの軍事行動での非道さを責めたりはするのですが、それがここまでの非情さ・冷酷さを引き出す原因かというと、それだけではないように感じました。

夕闇が近づくにつれ、アイザックは死んだ兵士の大型無線機を手に入れることに成功します。しかし、そこでわかったのはイラク軍狙撃手も大型無線機を持っており、彼が米軍本部に偽の通信を行っていたことです。

イラク軍狙撃手とアメリカ軍本部との通信を聞き、アイザックは自分たちはおびき出され、まんまと敵の罠にはまったことが判明しました。さらに、イラク軍狙撃手は救援要請を米軍本部に行い、救援部隊もろとも返り討ちにしようとしていることにアイザックは気付きます。敵に全ての動きが読まれ、状況は悪化の一途を辿りました。

何かをしなくてはならない状況なのに、その何かが思いつかない、まさに絶望的な状況の中、アイザックは捨て身の行動に出ます。それまで自分の身を守っていた壁を破壊し、イラク軍狙撃手の居場所を特定し反撃しようとするのです。

敵の前に身をさらすことになるので、ほとんど自殺行為だといえます。アイザックが撃った銃弾は、イラク軍狙撃手に命中し、この試みは成功したかに見えました。救援のヘリは無事着陸し、アイザックは機上の人となるからです。

しかし、映画『ザ・ウォール』の物語はこれだけでは終わりません。反撃を受けたイラク軍狙撃手は生きており、ヘリに対して情け容赦無く銃弾を撃ち込みます。この結果、ヘリは墜落し、物語は最悪の結末を迎えるのです。
  
イラク軍狙撃手の姿は最後まで登場しません。無線を通じてしゃべりかけてくる声だけの存在です。実体の見えない不気味さが緊迫感を一層強めますし、見えない敵からの攻撃は恐怖を増します。

どこまでも悪意に満ちた人間が声だけしか存在しないというのは恐怖です。さらに、この絶望的なラストは、救援部隊が到着し、アイザックの無事の帰還に安堵する場面の後だけに衝撃的でした。映画『ザ・ウォール』は、あまり知名度の高くない作品ですが、いい作品に出会ったと感じます。

まとめ

ダグ・リーマン監督映画『ザ・ウォール』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ザ・ウォールをU-NEXTで見てみる