SF

ミッション 8ミニッツの動画をフル視聴|日本語字幕や吹き替えも【映画】

ジェイク・ギレンホール主演映画『ミッション 8ミニッツ』【原題:Source Code】(2011年)の動画をフル視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と考察をまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
ヴェラ・ファーミガは、『ベイツ・モーテル』のノーマ・ベイツの印象が強すぎて、かえって軍服姿が新鮮だったぞ。
ドラちゃん
ドラちゃん
映画『ナイトクローラー』では、スティーヴンス大尉とは違うジェイク・ギレンホールが見られるので、役者として幅を感じさせるよね。

ミッション 8ミニッツの動画を日本語字幕や吹き替えでフル視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジェイク・ギレンホール主演映画『ミッション 8ミニッツ』のフル動画が配信されています。

U-NEXTで、日本語字幕版と吹き替え版ともに見放題で視聴できます。

ただし、現時点ではAmazonは有料レンタル扱いです。

また、見放題サービスのhulu(フールー)では動画配信されていません。

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

残念なことに、新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を公開年度の新しい映画を鑑賞するときに使うことができます。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、最適な動画サービスといえるでしょう。

>>U-NEXTで映画『ミッション 8ミニッツ』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年10月1日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ミッション 8ミニッツはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ミッション 8ミニッツ』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ミッション 8ミニッツのネタバレ感想と考察【映画】

人間は死んだ後でも一定時間、脳に記憶が残ることを利用し、死者の記憶に入り込むことによってテロ事件の犯人を突き止めようとするのが映画『ミッション 8ミニッツ』の設定になっています。

そして、列車爆破事件の犠牲者の記憶を探るのが主人公のスティーヴンス大尉(ジェイク・ジレンホール)です。

彼は犠牲者の死の直前8分間の記憶へ入り込み、列車爆破の犯人を特定しようとします。

そして、何度も失敗しては列車爆破事件に遭遇し、再度8分前の記憶に入り込むということを繰り返し、何とかして犯人を特定していくのです。

物語を見ているとタイムループものを連想してしまいます。

ところが、映画『ミッション 8ミニッツ』がタイムループものと決定的に異なるのは、過去は決して変えることができないという前提があることです。

列車内でスティーヴンス大尉は、爆破事件の容疑者を特定する作業以外に、クリスティーナ(ミシェル・モナハン)という魅力的な女性と会話を交わします。

クリスティーナもまた列車爆破事件の犠牲者であり、死ぬべき運命にありました。

スティーヴンス大尉とクリスティーナの会話は、朝の他愛のないものですが、二人の間には恋の始まりを予感させる、ときめいた空気が流れます。

しかし、たとえ、スティーヴンス大尉がどんなに努力し犯人を特定したとしても、それは死者の消えゆく記憶の中でのことです。

ですから、クリスティーナが死ぬことは変えることはできません。

また、スティーヴンス大尉自身もヘリコプターのパイロットでしたが、任務中の墜落事故で四肢切断、脳だけが生きているという状態です。

大尉自身も死者の記憶に何度も入り込むうちに、このことを知らされます。

こうした前提があるために、作品全体を非情に沈鬱な空気が支配しているのです。

恋の始まりを予感させる会話が、実は肉体的死の始まりであるということを踏まえながら見るのは複雑な気分にさせられました。

さらに衝撃的なのは、現実世界におけるスティーヴンス大尉の姿です。

狭い生命維持装置の中に入れられ、四肢は切断され、むき出しになった脳に電極がつながれた状態で、あまりに残酷すぎる姿になっています。

最終的にスティーヴンス大尉は、彼の状態をあまりに不憫に思った軍の女性コリーン・グッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)によって生命維持装置のスイッチを切られ、死を迎えました。

物語の流れを見ると、タイムループのような展開でありながらも過去を変えることができないというストーリーは、非常に斬新です。

けれども、救いのないストーリーであって、死者の記憶に入り込む装置を開発した軍の非人間的性格ばかりが印象的な物語となってしまいました。

しかし、映画『ミッション 8ミニッツ』は、ラストで物語は一転します。

最後にスティーヴンス大尉が記憶に入り込んだ際に、彼は列車爆破を阻止し、容疑者を拘束しました。

そして、無事シカゴに到着した列車を降り、クリスティーナとのデートを楽しみます。

死を迎えたスティーヴンス大尉の夢の中での出来事ではあるのですが、これが現実世界にも影響を及ぼしました。

スティーヴンス大尉による、死者の記憶の中での活動が、現実世界における列車爆破事件を阻止し、結果として事件がなかったこととなり物語は終わります。

エンディングで、過去を変えることはできないという物語の大前提が、あっさりひっくり返されているのです。

たしかに、映画『ミッション 8ミニッツ』は救いの無い物語で、どこかに救いを持たせたいという狙いがあったのかもしれません。

しかし、物語の前提を壊してしまっては、逆に興醒めで、迎合的な印象を受けます。

スティーヴンス大尉が死後の夢の中でデートを楽しむシーンで終わっていても何ら問題がなかったように感じました。

まとめ

映画『ミッション 8ミニッツ』の動画をフル視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と考察がまとめてあります。

今すぐ、ミッション 8ミニッツをU-NEXTで見てみる