SF

ダイバージェントの動画フルを無料視聴|字幕版や吹き替えも見れる【映画】

映画『ダイバージェント』(原題:Divergent|監督:ニール・バーガー)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、あらすじネタバレや感想をまとめました。

今すぐ、『ダイバージェント』を無料で見てみる

ダイバージェントの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『ダイバージェント』のフル動画が配信されています。

字幕版、日本語吹き替え版ともに視聴できるのはうれしいですね。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2021年8月13日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。

ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

映画『ダイバージェント』はシリーズ作品で、現在、続編として『ダイバージェントNEO』『ダイバージェントFINAL』まで公開。

U-NEXTでは、2作品ともに見放題で動画配信中です。

つまり、ダイバージェント3作品すべて、U-NEXT(ユーネクスト)で見ることができます。

>>U-NEXTで映画『ダイバージェント』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

ダイバージェントはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、これらの動画共有サイトには、違法にアップロードされているのです。

ですから、違法アップロードされた動画は削除されている可能性があります。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をさえぎるように出て、ドラマに集中できません。

さらに、個人情報の漏えいやスマホやパソコンがウイルス感染するリスクすらあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いいたします。

>>映画『ダイバージェント』のフル動画をU-NEXTで快適に視聴する

ダイバージェントのあらすじネタバレと感想【映画】

文明滅亡後のシカゴを舞台に、異端者とされた少女が大虐殺の危機から町を救うという、近未来SF作品です。

戦争により文明が破壊された後、人類は、「博学」「平和」「高潔」「勇敢」「無欲」という、人間それぞれが持つ適性に基づいた5つの派閥のいずれかに所属します。

「博学」は文字通り知識と論理を重んじる性格を持った人間の集団です。

「平和」は農作業を担当し、親切で仲良しな人々の集団です。

「高潔」は正直と秩序を重んじる人間の集団です。

「勇敢」は兵士であり、警察としての役割を担います。

そして「無欲」は簡素な暮らしと奉仕の精神を持った人間の集団で、政治を任されています。

映画『ダイバージェント』のような近未来SFものは、その多くが現代社会の何らかの構造をモチーフにしています。

ところが、本作品について見てみると、おそらく今日の社会に存在する、排他的で同質性の高さを追い求める様々な集団ではないかと感じました。

具体的には移住者を決して受け入れようとしない地域コミュニティであったり、排外的性質を持った国家など、集団の大小に関わらない、同質性を重視する集団を思い浮かべながら練られた物語なのだと思います。

そして、あまりりにも排他的で同質性ばかりを追求する集団は、やがては崩壊していくことをメッセージとして伝えているのかもしれません。

映画『ダイバージェント』の主人公トリス(シェイリーン・ウッドリー)は、「無欲」生まれの少女です。

しかし、彼女は日ごろから自身が属する派閥に違和感を感じていました。

また「勇敢」への憧れなどから、自らが所属する集団を決定する「選択の日」の儀式において「勇敢」を選択します。

その結果、彼女は自らが生まれた家、両親と別れ、優秀な兵士になるべく訓練をする日々を送ることになったのです。

しかし、「選択の日」に先立って行われた適性テストにおいて彼女は複数の派閥に適性があることがわかっていました。

これは「異端者(ダイバージェント)」と呼ばれ、最も忌むべき存在とされ、社会から追放され無派閥になることを意味します。

そして、異端者であることがわかると殺されてしまうため、彼女は、ひたすらこのことを隠して暮らすことになりました。

他方で「博学」は、「無欲」による政治を心良く思わず、「勇敢」を抱き込んで「無欲」を町から排除しようとします。

この企みに気付いたトリスは、自らの指導教官で恋人でもあるフォー(テオ・ジェームズ)と協力し、「博学」が実行しようとしていた「無欲」の人たちを虐殺する計画を何とか防ぐのです。

「博学」の指導者ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)は、異端者の存在が社会を滅ぼすことを信じて疑いません。

さらに、他者への奉仕心が強く、異端者や無派閥の人間に寛容な「無欲」の存在と、彼らの指導に従わなくてはならないことに怒りを感じています。

そのため、ジェニーンにとってトリスは始末しなくてはならない存在となったのでした。

しかし、知識が多ければ多いほど、社会における多様性の大切さ、排他的・排外的社会には衰退の道しか残されていないことに気付くはずです。

知識が売り物の「博学」でありながら、このことに気付かない点に違和感を感じます。

「勇敢」の兵士に追跡装置を埋め込み、自在に操るなど、「博学」は高度な技術を持って人々を支配しようとします。

その意味で「博学」という名称ではなく、「技術」という名称のほうが適していると感じました。

しかし、映画『ダイバージェント』のように人間を5つの派閥に類型化し、社会を見てみると、どのような相互反応が起きるのかという見方は興味深いです。

また、そうした世界観が細々とした部分でほころびを見せながらも、一応、矛盾無く完結しているという点で非常に面白い作品です。

次回作の情報はこちら
ダイバージェントNEO

まとめ

映画『ダイバージェント』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、あらすじネタバレや感想がまとめてあります。

ドラちゃん
ドラちゃん
トリスを演じたシェイリーン・ウッドリーは、ニコール・キッドマン出演の話題作『ビッグ・リトル・ライズ』にジェーン役で出演しているよね。

人間を5つの派閥にわけるという不条理な世界を疑似体験してみませんか。

今すぐ、ダイバージェントをU-NEXTで見てみる