ミステリー

刑事ルーサー第2話のネタバレ感想 暴走する帰還兵VS警察【ドラマ】

イドリス・エルバ主演ドラマ『刑事ルーサー』(原題:Luther)第2話【帰還兵の暴走】のあらすじとネタバレ感想をまとめて、ご紹介します。

前回の話はこちら
刑事ルーサー第1話【アリス】

刑事ルーサー第2話のあらすじとネタバレ感想【ドラマ】

シーズン1第2話【帰還兵の暴走】

アリス・モーガン(ルース・ウィルソン)とジョン・ルーサー刑事(イドリス・エルバ)の話はサブストーリーで、今回は警察官を狙った連続殺人事件が中心になりました。

冒頭から、通報を受けて現場に向かった2人の警官が射殺されます。まったく迷いなく引き金を引く犯人でした。射撃の正確さや犯人の動きを見て、ルーサー刑事は軍人の仕業と見抜きます。

彼の父親も軍人で、雰囲気だけでわかると言いました。たしかに、同じニオイのする人ってわかるときもあります。さらに、刑事としての嗅覚が鋭いのでしょう。

その後も警官が襲われます。そして、犯人は刑務所に入っている父親テリー(ショーン・パートウィー)を出所させないと、引き続き犯行を重ねる声明をネット上に発表しました。簡単にネットで動画を公開できる時代になったものです。

ルーサー刑事が犯人の父親に会いに行くと、父と息子オーウェン(サム・スプルエル)の異常な関係がわかりました。軍人でもある厳格な父親に息子は支配されていたのです。こういう話は、よく聞くようになりましたが、簡単には関係を解消できません。

とりわけ、今回のように親子の場合は、難しいでしょうね。はじめから父親は有利な立場ですから、簡単に支配できてしまうからです。親子関係を悪用した卑劣な行為ですから、何とも後味の悪い事件でした。

結末シーンでポイントになったのは、ロシアンルーレットです。ルーサーを押さえつけた犯人は、リボルバーのシリンダーに1発だけ弾丸を入れ、ルーサーと自分に対して交互に引き金を引きました。

このシーンで気になったのは、5連続で弾が発射されなかったことです。たしかに、その可能性はありますが、ドラマとしては、かなり無理があると感じました。ちょっと演出が大げさで、興ざめします。

一方で、アリスはルーサーに興味津々です。彼女は何度も彼に電話をかけてきます。マドセン(アントン・サンダース)の病室からかけてきたこともありました。どうやって忍び込んだのか、頭が切れるから簡単だったのか、謎です。

そして、またしてもアリスは、ゾーイ(インディラ・ヴァルマ)に接触してきました。マーク(ポール・マッギャン)と一緒にいるところに忍び込んだのです。それはもう、堂々とした態度でゾーイに話しかけます。

このとき、ゾーイも気丈に質問に答えていました。だけど、アリスが立ち去った後は、マークに抱きついていたので、相当、怖かったのでしょう。とても厄介な女性に気に入られたものです。

ラストでは、橋の上でルーサーとアリスは落ち合います。アリスはルーサーのことを友だちだと考えているし、2人のことは傷つけないとも告げました。こういう一方通行の執着心って、怖いですよね。ちょっとしたきっかけで違う方向に行くこともありますから。

「二度と手を出さないな」と問うルーサーに対して、微笑みながら「誓います」と敬礼するアリス。一瞬、その笑顔に魅力を感じてしまいそうになってしまいました。いやはや、アブナイ、アブナイ・・・。

その後、一緒にコーヒーを飲みに行ったのですが、どんな会話があったのか、とっても気になりますね。それにしても、アリスの犯罪行為は、今後、解明されていくのか。また、彼女の存在は、どうなっていくのか、とても興味深いです。

気になる次回はこちら
刑事ルーサー第3話【いけにえの子羊】

まとめ

イドリス・エルバ主演ドラマ『刑事ルーサー』第2話【帰還兵の暴走】のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

ひきつづき、第3話【いけにえの子羊】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

ドラマを見逃した方や一気に見たい方は、こちらに動画に関して、まとめてあります。
刑事ジョンルーサーの動画情報