ミステリー

ドクターモーガンのNY事件簿の第20話ネタバレ感想【海外ドラマ】

ヨアン・グリフィズ主演海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』第20話【悲劇のバレリーナ】のあらすじとネタバレ感想をまとめています。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応を紹介しました。

ドラちゃん
ドラちゃん
マルティネス刑事とアイザックが急接近していたので、今までは何だったのと思ったら、最後にどんでん返しがありましたね。でも、いいところでエイブが来たので、とっても残念。
カバ吉くん
カバ吉くん
だけど、あの後、アイザックがどうなったかを考えると切ないぞ。

前回はこちら
ドクターモーガンのNY事件簿の第19話【壁の中のミイラ】

ドクターモーガンのNY事件簿の第20話あらすじとネタバレ感想【海外ドラマ】

第20話【悲劇のバレリーナ】

自分の望みを叶えるために何を犠牲にできるか、どれだけの痛みに耐える覚悟があるのかがテーマとなる回です。

このテーマに基づき、バレリーナの足の切断事件、ジョー・マルティネス刑事(アラナ・デ・ラ・ガーザ)の恋愛、1920年代終わりのパリでのヘンリー・モーガン(ヨアン・グリフィズ)の恋人であった彫刻家ヴァレリー(エリザベス・グレー)の作品にかける情熱が描かれます。

ヘンリーにとっての望みとは、言うまでもなく不老不死に終止符を打つことです。自分を殺すことができるかもしれない古い銃を使うかどうかがヘンリーにとっては大問題になってくるのですが、今回のテーマに合わせて、銃を前に考え込むヘンリーの姿がたびたび映し出されます。

バレリーナ事件に隠された真相

今回描かれた物語の中でも、最もインパクトがあったのがバレリーナの足の切断事件です。劇場で切断されたバレリーナの足首が発見されたことで事件は発覚します。

被害者エヴァ(カーメン・カブレラ)は劇団の次期プリマに内定していることから、彼女を排除したいと願う容疑者は複数いました。当初はプリマの座を引きずり下ろされた現プリマのオデッサ(イリーナ・ドヴォロヴェンコ)が容疑者として浮上します。

しかし、真相は足の病気で最早あと1年も踊ることができないと診断されたエヴァが、悲劇のプリマとして歴史に名を残したいがために兄ハビエル(アンディ・メンデス)に自分の足を切らせたというものでした。

自分は足を失い、兄は警察に追われる中で事故死するなど、彼女の犠牲は歴史に名を残すという彼女の思惑に見合ったものとは到底、思えません。しかし、それでも彼女は、この犠牲を受け入れる覚悟ができているのです。

常人では理解できない名声への渇望がここでは描かれます。また、足首が発見された当時、エヴァはすでに殺害されたものと考えられていました。ところが、捜査の過程で生存の可能性が高いことがわかります。

これ以降、一刻を争う生存者発見のために動き回るヘンリーやマルティネスが発する緊張感は見物です。

マルティネスの揺れる想い

マルティネスは以前の事件で知り合った富豪のアイザック・モンロー(キューバ・グッディング・ジュニア)とデートを重ねています。しかし、モンローの関係を先へ進めていこうとする姿勢に何となく違和感を感じていました。

そんな折、マルティネスはモンローからパリへの旅行に誘われます。しかし、土壇場になって彼女は引き返してヘンリーの住むエイブの骨とう品店に立ち寄りました。マルティネスが感じた違和感の正体というのは、実はヘンリーへの思いであったことに彼女はようやく気付いたのです。

ここではマルティネスの願いというのはヘンリーとの恋であり、それをかなえるためにモンローとの旅行を犠牲にしたといえます。しかし、ちょうどマルティネスがヘンリーのもとを訪ねた際、エイブ(ジャド・ハーシュ)がアビゲイルの消息をつかんだという報せを持って帰ってきました。

このおかげでマルティネスはヘンリーに対する自身の思いを伝えることができずに終わってしまい、彼女の望みがかなうかどうかは持ち越しになってしまいます。

ヘンリーとマルティネスとアビゲイルの三角関係

これまで2人の関係は恋愛になりそうでならない、微妙な関係ではありました。マルティネスが自分の思いを自覚したことで、それが一歩前進したように感じます。

しかし、ヘンリーのアビゲイルに対する思いの強さを考えると、単純にはうまくいかないのではないでしょうか。また、このままマルテイネスとヘンリーの関係が上手くいっても、シリーズとしてはあまり面白味のない物語になってしまいます。

時空を超えてアビゲイルとマルティネスがヘンリーをめぐって争うという構図になってきましたが、ヘンリーとアビゲイルの関係を考えると、もう少し紆余曲折があるように感じます。

気になる次回は
ドクターモーガンのNY事件簿の第21話【アビゲイルを捜して】

ヘンリーのように不老不死ではなく、タイムスリップで1920年代のパリに行って、今回のようにアーネスト・ヘミングウェイやピカソたちと交流する映画も必見ですよ。
ミッドナイト・イン・パリの動画情報

ドクターモーガンのNY事件簿の第20話ネットでの評価や反応は?【海外ドラマ】

ドラちゃん
ドラちゃん
ですよね~、残り2話なのに、シーズン2もない。そんな不完全燃焼な気分にさせられています。次回が楽しみだけど、先延ばししたい・・・。

まとめ

ヨアン・グリフィズ主演海外ドラマ『フォーエバー ドクターモーガンのNY事件簿』第20話【悲劇のバレリーナ】のあらすじとネタバレ感想をまとめました。

記事の後半では、ドラマのネットでの評価や反応が紹介してあります。

ひきつづき、第21話【アビゲイルを捜して】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。

主な登場人物に関する情報は、こちらにまとめてあります。
ドクターモーガンのNY事件簿のキャストまとめ