ヒューマンドラマ

マネーボールの動画フルを無料視聴 日本語吹き替えも見える【映画】

ブラッド・ピット主演映画『マネーボール』【監督:ベネット・ミラー|原作:マイケル・ルイス『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』|原題:Moneyball】(2011年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

マネーボールの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ブラッド・ピット主演映画『マネーボール』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

U-NEXT(ユーネクスト)

また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

映画好きなら知らなきゃ損するU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いが多いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。たとえば、映画『アリータ:バトル・エンジェル』も特典のポイントを使えば追加料金なしで楽しむことができますよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『マネーボール』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年8月1日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

マネーボールはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『マネーボール』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

マネーボールのネタバレ感想と評価【映画】

映画『マネーボール』は、2002年シーズンのオークランド・アスレチックスをゼネラルマネージャーであったビリー・ビーンによるチーム改革という観点から描いたドキュメンタリー色が強い作品です。

スター選手の流出と貧乏球団というハンディキャップを抱えながら、チームをプレーオフ進出まで導いたビーンの手腕が描かれます。

ブラッド・ピットがビーンを演じていることで、選手の解雇やトレードといったメジャーリーグが持つ残酷さがいたずらに強調されず、かといって派手さや華やかさばかりが目立ってはいない点でバランスが上手く取れた物語です。

ヤンキースやレッドソックスのような資金力が豊富で有名選手を多数かかえるライバルと渡り合っていくためには、優秀な選手をできるかぎり多く集めるという従来のチーム作りの考え方では太刀打ちできません。

そこでビーンが取り入れたのが「セイバーメトリクス」という統計学に基づく野球理論でした。打率よりも出塁率を重視し四球を選べる選手を集めるなど、安全策を重視する点で、従来の考え方と真っ向から対立するこの野球理論は批判も多く、チーム導入にあたっては当然ながら強い反発も受けます。

とりわけスカウト部門のリーダーと監督との溝は深く、スカウト部門のリーダーは解雇されてしまいました。

しかし、自分と対立する人間を解雇ばかりしていてはチームは強くならず、混乱だけが残ります。かといって反対分子に好き放題させていては組織は変わることはできません。こうした組織改革の難しさが、ビーンと監督の対立のあり方に表れています。

監督はビーンの方針に反発し、ビーンが推す選手を決して起用しようとはしません。これに対してビーンは監督を解雇するのではなく、監督が推す選手をトレードに出すなどして、ビーンが推す選手を監督が起用せざるを得ない状況を作り出すのです。

ビーン自身、「セイバーメトリクス」が結果を出していない段階でこうした決断をすることにはかなりの覚悟が必要だったでしょう。けれども、監督に自らの信念の強さを理解させるという点で非常に大きい効果を発揮したと思います。

このビーンの強い信念が、物語が進むにつれてチーム全員に浸透していくのが非常に小気味よいです。

映画『マネーボール』は、全体として「セイバーメトリクス」の優秀さが強調される物語になっています。しかし、現実にはビーン自身の人間力と熱意がチーム改革を成功させた最大の要因ではないかと伺わせるシーンが数多く見られます。

チームの遠征に同行しないなど、選手との接触を極力、避けていたビーンですが、自らが信奉する野球理論を選手に理解させるために、選手と接触する回数はそれまで以上に増えていったことだろうと感じました。

そして、選手とのコミュニケーションが深まるにつれ、チーム全体の一体感が増し、このことが理論の浸透と相まってどんどんチームを強くしていったのでしょうね。

ビーンの「セイバーメトリクス」に対する信念が彼自身を動かし、それがチームに浸透することによって「セイバーメトリクス」も進歩していくという好循環がチームに出来上がり、チームを成功に導きました。

そのため、この理論を採用すればどのチームもすぐに勝てるようになるというのではなく、理論を活用する人間によっても大きく左右されることが伝わってくる点で、映画『マネーボール』は非常に生き生きとした作品であると感じます。

まとめ

ブラッド・ピット主演映画『マネーボール』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、マネーボールをU-NEXTで見てみる