アクション

スカイスクレイパーの動画フル無料視聴 吹き替えも見える【映画】

ドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』【監督:ローソン・マーシャル・サーバー|原題:Skyscraper】(2018年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

スカイスクレイパーの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』の日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

残念ながら、新しい映画のため、ポイント制や有料レンタル扱いです。また、見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

ただし、映画『スカイスクレイパー』の動画をフルで見る良い方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『スカイスクレイパー』の動画フルを追加料金なしで視聴可能です。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができます。さらに、レンタルしようと思った作品が他の人に借りられていて見られないってこともありません。なので、一度、使ってみると、その便利さに衝撃を受けるはずです。

今ならU-NEXT(ユーネクスト)で見るのが損をしない視聴方法になります。

>>U-NEXTで映画『スカイスクレイパー』を鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年8月4日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

スカイスクレイパーはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。ときおり、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。画質や音質のレベルが低く、ウイルスに感染する恐れもあるのです。ですから、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『スカイスクレイパー』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

スカイスクレイパーのネタバレ感想と評価【映画】

映画『スカイスクレイパー』は、香港の最新の高層ビルを舞台に、人質となった娘を救うべくドゥエイン・ジョンソン演じる主人公のウィル・ソーヤーが孤軍奮闘する物語です。

かつてFBIの武装チームの一員であったウィルは、人質救出作戦時に負った怪我が元でFBIを辞め、現在はビルのセキュリティをチェックする仕事に従事しています。また、海軍軍医の女性サラ(ネーヴ・キャンベル)と結婚、2人の子供に恵まれています。

彼が評価を担当している香港の完成間近の高層ビルがテロリストに襲撃されることにより、彼は事件に巻き込まれていくことになるのです。

完成間近の高層ビルにおけるテロリスロトの戦いというと、やはり『ダイ・ハード』を思い起こしてしまいます。家族が人質となる設定など、似通った設定が目立ちました。

しかし、『ダイ・ハード』と『スカイスクレイパー』が大きく異なるのは、主人公のキャラクター設定にあるように感じます。ジョン・マクレーンが偶然そこに居合わせた、テロリストとの戦いに不慣れな警官という、強さの中に時として弱さが見え隠れする主人公でした。

それに対して、本作の主人公ウィルは、FBI武装チームに所属経験があり、テロリストにもひるまず立ち向かっていくタイプの人物です。しかも、ドゥエイン・ジョンソンが演じていることもあり、最強というイメージが先行します。

そのため、『ダイ・ハード』がやるかやられるかのギリギリの戦いという緊張感があるのに対して、『スカイスクレイパー』はどのようにして家族を救い、高層ビルの火災から家族を無事連れ出すのかという、結果よりもプロセスを楽しむ物語になっているように感じました。

しかし、主人公はかつての人質救出作戦で片足を失い、現在は義足を着けているという設定です。強すぎる主人公というイメージを避ける配慮なのかもしれません。

この設定により、テロリストをやすやすとなぎ倒す主人公というイメージよりも、苦境をなんとかして抜け出していこうと悪戦苦闘する主人公の姿が従来のドゥエイン・ジョンソンの作品よりはリアリティを持つことになったように感じます。

『ダイ・ハード』を超えたと感じさせる部分は、高層ビルの低層階が大火災に包まれるという状況のもと、主人公は建築用クレーンをつたって高層ビルに侵入する、あるいはビルの外壁をつたってビルの制御システムにアクセスしなくてはならないなど、高所の恐怖を体感できるシーンがいくつもある点にあります。

足を踏み外すなど、ちょっとしたミスが命取りになる状況は、主人公がどんなに屈強な人物であっても、大いに起こり得ます。この緊張感と眼下遠くに広がる香港という都市の夜景を映し出すシーンには、目がくらくらするほどのインパクトがあるのです。

映画『スカイスクレイパー』ではテロリストとの対決シーンなど、銃撃戦をはじめとする様々なアクションがありますが、やはり高所にさらされるシーンが最大の見所であるように感じます。

ウィルがビルのセキュリティ管理のための端末を持っているために、ウィル自身がテロリストのターゲットになり、さらにウィルを利用するために彼の家族が狙われるというストーリーには、過度の単純化や突飛な部分もなく違和感を感じません。

また、ウィルの妻サラが軍医という一般人よりは格闘術に精通している設定は、妻がテロリストと直接戦うシーンがあっても自然な流れに映ります。また、電子機器のトラブルを直すには再起動が最も効果的だという伏線など、物語には数多くの伏線が設定され、終盤にそれらが活きてくる展開です。

そのため、『スカイスクレイパー』は全体として、派手なアクションだけに頼らないバランスの取れた作品といえます。

まとめ

ドウェイン・ジョンソン主演映画『スカイスクレイパー』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、スカイスクレイパーをU-NEXTで見てみる