ファンタジー

ゲームオブスローンズシーズン2第8話のネタバレ感想|【海外ドラマ】

海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』シーズン2(王国の激突)第8話【決戦前夜】のネタバレ感想やあらすじをご紹介します

前回の話はこちら
ゲームオブスローンズシーズン2第7話【義なき男】

記事の後半では、動画を無料視聴する安全な方法をまとめました。

ゲームオブスローンズシーズン2第8話のネタバレ感想やあらすじ

第8話【決戦前夜】

【ウィンターフェル城】

城にヤーラ(ジェンマ・ウィーラン)がやってきました。ヤーラは二人の子供を殺したシオン(アルフィー・アレン)を責めます。

スタークの子を吊るしたから、北の全員に狙われているから、黒鉄諸島に帰ろうと言いました。

弱くてバカな弟でも可愛いからと。シオンは拒否しました。

シオンは自分の弱さを認めていないようです。

認めた上で打ち勝とうとするのであれば結果がついてくるけれど、彼は隠して上塗りをするために何をしても結果が出ません。

正しい判断ができないし、他の人に認めてもらえないのです。

姉のヤーラも救いの手を差し伸べているのにも関わらず、自分のプライドばかりを優先します。ホント、器の小さい男です。

また、シオンについているダグマー(ラルフ・イネソン)が良くないのでしょう。やはり、自分の考えを持たないと。

【北の壁の向こう】

捕まってしまったジョン(キット・ハリントン)。

イグリット(ローズ・レスリー)に鎧骨公(ロス・オヘネシー)の前に連れていかれました。

ハーフハンドも捕まっていて、鎧骨公はジョンを殺してしまえと言いました。

でも、イグリットは自分たちの長であるマンス・レイダー(キーラン・ハインズ)に決めさせると説得します。

イグリットがジョンをかなり庇っていました。

ジョンのことはバカにしているけれど、男前だとか本音も出ているし、かなり気になる存在なのかなと思えます。

ハーフハンドはジョンを野人の軍にスパイとして潜り込ませようと考えました。

ジョンは自分のことは信じないというか、必要なことをしろとジョンに仲間割れしているように見せかけるために喧嘩をふっかけます。

アドリブに弱いジョン。

臨機応変に野人の軍に入ることができるのでしょうか?

マンス・レイダーが元ナイツ・ウォッチであるから入る余地はあるのかもしれません。

きっとイグリットが助け舟を出すのでしょうね。

北の壁の向こうの別の場所ではサム(ジョン・ブラッドリー)たちが穴をほっていました。

掘り進めているとグレン(マーク・スタンリー)が古い箱を掘り当てます。

そこには最初の人々の印が彫ってあり、中には古いナイツ・ウォッチのマントに包まれた角笛とドラゴングラスで作られた武器が入っていました。

きっと、このアイティムはとても重要なのでしょうね。

でも、広大な北の大地で掘り当てることができたことがあまりにもすごいと思います。

【スタークの野営地】

キャトリン(ミシェル・フェアリー)がジェイミー(ニコライ・コスター=ワルドー)を逃してしまいました。

キャトリンを攻めるロブ(リチャード・マッデン)とカースターク公。

カースターク公にしてみれば自分の息子をジェイミーに殺されてしまって、自分も復讐をしたいのになんとかこらえています。

その憎い仇を逃がされてしまったのですから、どんなに悔しい思いでしょう。

キャトリンの言い分としてはカースターク公の二人のご子息のことは大変辛いことです。

でも、ジェイミーを殺したとしても、お二人は戻ってきません。

一方、自分はサンサ(ソフィー・ターナー)とアリア(メイジー・ウィリアムズ)は人質に取られ、ブラン(アイザック・ヘンプステッド=ライト)とリコン(アート・パーキンソン)も人質に取られています。

ジェイミーを返したらサンサとアリアは戻ってくるかもしれない・・・。

なんだか、とても腑に落ちません。むしろ腹が立っています。

親として、いても立ってもいられない気持ちは十分にわかりますが、上に立つものとしての行動ではないですね。

むしろ軽率に思えます。

ジェイミーを生かしてサンサとアリアと交換してこそ安全を手に入れられるのに。

こんなやり方をしては反感を買うばかりに思えます。

【キングスランティング】

こちらの方も戦いの準備を着々と進めていました。

兵士の士気を高めるために戦いの先頭にジェイミーを立たせようとしているティリオン(ピーター・ディンクレイジ)。

自分の可愛い息子を危険な目に合わせようとしているティリオンを憎んでいるサーセイ(レナ・ヘディ)。

このサーセイは何のために戦いをしているのか、わかっているのでしょうか?

サーセイを見ていると常々、不思議に思えてなりません。

【ハレン城】

タイウィン(チャールズ・ダンス)が奇襲をロブに仕掛けようと計画していたのを聞いたアリア。

なんとか阻止したいと考えて、ジャクエン(トム・ヴラシア)を探して残りひとつの殺す命をタイウィンと告げるために探していたが見つかりません。

ジャクエンが見つかった時はもうすでに出兵したあとでした。

アリアはタイウィンを今すぐ死なせたいと言います。

ジャクエンは約束したのは死だけで時間を指定することは不可能だというとアリアは「ジャクェン・フ=ガー」と言いました。

自分のことは自分では殺せない、取り消せとジャクエン。

アリアは脱走を手伝ってくれたら取り消すよと言い返します。

アリアは本当に頭が良いですね。

一瞬でこんな機転を利かせることができるのです。

彼女が一番戦いに向いているように見えます。

自分の要求を通すために最大限、使えるものを工夫して使えるなんて、すごいと思います。

気になる次回は
ゲームオブスローンズシーズン2第9話【ブラックウォーターの戦い】

ゲームオブスローンズシーズン2第8話の動画を無料視聴する安全な方法をご紹介!

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスでは、海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』シーズン2(王国の激突)の動画が全話配信されています。

hulu
アマゾンプライムビデオ

VODサービスには、無料のトライアル期間があります。つまり、トライアル期間内であれば、自由に解約できますし、料金を払う必要もありません。(0円)

自分のスマホやパソコンなどが視聴できる環境なのかをチェックできるため、トライアル期間を有効に使ってください。

さらに、huluでは、ゲームオブスローンズシーズン1~シーズン7まで見放題です!

残念ながら、今のところamazonプライムビデオの方はシーズン7が別途有料になっています。シーズン1から7まで、すべて見たい方は、huluを選んだ方がよいでしょう。

※紹介しているVODサービスの情報は2018年7月1日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ゲームオブスローンズシーズン2第8話をパンドラなどでは無料で見られないの?

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、これらの動画共有サイトにある動画は、著作権に違反してアップロードされたものです。

だから、すでに削除されていてシーズン2全話が見られないかもしれません。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をさえぎるように出て、ドラマに集中できません。さらに、個人情報の漏えいやスマホやパソコンがウイルス感染するリスクすらあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いいたします。

まとめ

海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』シーズン2第8話【決戦前夜】のネタバレ感想やあらすじをご紹介しました。

そして、記事後半では動画を無料視聴する安全な方法がまとめてあります。

ひきつづき、シーズン2第9話【ブラックウォーターの戦い】以降も情報アップしていくので、お楽しみに♪

ゲームオブスローンズシーズン2第8話をhuluで見てみる