アクション

コードネームU.N.C.L.E.(アンクル)の動画配信を無料視聴!吹き替えで見える?

ヘンリー・カヴィル主演映画『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』【監督:ガイ・リッチー|原作:0011ナポレオン・ソロ|原題:The Man from U.N.C.L.E.】(2015年)の動画配信を無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

今すぐ、『コードネームU.N.C.L.E.』を見てみる

コードネームU.N.C.L.E.(アンクル)の動画配信を無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ヘンリー・カヴィル主演映画『コードネーム U.N.C.L.E.』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が配信されています。

U-NEXT
Hulu
FOD ×
dTV ×
Amazonプライム
Netflix

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験キャンペーンが終了しています。ですから、登録した時点で、通常料金が必要になりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2022年7月2日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

コードネームU.N.C.L.E.(アンクル)の動画配信を見るならU-NEXT

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

たとえば、人気スパイアクションシリーズの前日譚を描いた映画『キングスマン:ファースト・エージェント』【監督:マシュー・ヴォーン】(2021年)が追加料金なしで見えます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

それに、新作は貸し出し中のことが多く、見れずにガッカリすることもありました。ネット配信は一度、体験するとラクすぎて、きっとハマりますよ。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとってテンション上がる動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『コードネームU.N.C.L.E.』を見放題で鑑賞する<<

U-NEXT(ユーネクスト)

コードネームU.N.C.L.E.(アンクル)はデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

コードネームU.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ感想と評価【映画】

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』は、1960年代を舞台とし、イタリアの海運会社を隠れ蓑とする犯罪組織に挑むアメリカとロシアのスパイの活躍を描いた作品です。

冷戦期まっただ中のこの時期において、CIAとKGBが手を組み、核兵器をナチスの残党に売却しようとする犯罪組織の悪事を暴こうとする物語は、冷戦期のスパイ小説ではありがちなプロットになっています。

しかし、あえてこうしたありがちなプロットを採用し、当時のスパイ小説が持っていた壮大で緊迫感あふれる物語をどこかコミカルな要素も含めて描こうとしているのかもしれません。

また、映画『コードネーム U.N.C.L.E.』は60年代のテレビドラマ『ナポレオン・ソロ』のリメイクでもあります。

オリジナルシリーズが持っていた華やかさを持ち込もうとしたことの結果かもしれないですね。

物語は、二人のスパイの出会いから犯罪組織への潜入、そして、組織が所有する島での大がかりな対決へと展開していきます。

序盤には東ベルリンの極端な監視社会におけるスパイの隠密行動が描かれました。

中盤の犯罪組織への潜入は華やかなパーティーへの潜入など、スパイの身分を隠しつつも大胆に組織の人間と交流を図りながら情報を収集していくスパイの活動が、そして、終盤には空母までもが登場する大規模な戦闘シーンが展開されます。

こうした展開からもわかるように、映画『コードネーム U.N.C.L.E.』にはスパイを題材にした物語の華やかなエッセンス全てが盛り込まれているのです。

そして、登場するのは有能ではあるけれども女性に目が無いCIAのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)、ソ連のイデオロギーに忠実でどこか杓子定規ではあるけれども無敵の格闘能力を持つKGBのイリヤ・クリキン(アーミー・ハマー)という二人のスパイ。

そんな二人のスパイと核兵器開発者の娘ギャビー・テラー(アリシア・ヴィキャンデル)の3人が犯罪組織へ潜入していきます。

いずれも個性あふれるキャラクターで、ソロは物語のアヴァンチュール部分の中心を、クリキンは激しい戦闘シーンの中心を担い、物語の核心部分はテラーによって明かされていくという構図です。

また、映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の監督・脚本を務めるガイ・リッチーは、スタイリッシュな映像と緻密な物語構成で知られています。本作でも随所にその特徴が現れていました。

たとえば、ギャビーの衣装やエンドロールには、60年代の空気を表現するためにサイケデリックな色がふんだんに使われています。

また、物語には意味不明なシーンが流れた後に種明かしの場面が挿入される展開が随所に見られました。

ソロが薬を盛られ、クリキンが犬に追われて逃げるシーンが突然、出てきます。

いきなりの展開にわけがわからなくなりそうになりますが、その後のシーンではギャビーがソロとクリキンの本性を組織に明かしてしまうシーンが流れ、事態の展開に納得するのです。

そして、こうした工夫にリッチーらしいスタイリッシュな空気を感じることができます。

スパイ小説にありがちな登場人物やお約束の展開と、どこかコミカルな空気が流れる物語なのですが、決してダサいと思わせないところに映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の魅力があります。

シリアス過ぎず、ダサすぎず、絶妙なバランスを保ち、なおかつスタイリッシュであるところが本作に惹きつけられるポイントのように感じました。

まとめ

ヘンリー・カヴィル主演映画『コードネーム U.N.C.L.E.』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、コードネーム U.N.C.L.E.をU-NEXTで見てみる