アクション

24レガシーの動画無料視聴|huluやNetflixで見れる?【海外ドラマ】

海外ドラマ『24-TWENTY FOUR-レガシー』の動画を無料視聴する安全な方法を紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想やあらすじをまとめました。

カバ吉くん
カバ吉くん
製作総指揮にはキーファー・サザーランドの名前があるけど、ジャック・バウアーは出ないのが残念だぞ。狙いはわかるけど、ジャックの新作が見たいっ!
ドラちゃん
ドラちゃん
まぁまぁ、気持ちはわかるよ。でも、エリック・カーターの戦いも良かったよ。ただ、クロエ・オブライエン(メアリー・リン・ライスカブ)の活躍が見たかったなぁ。
カバ吉くん
カバ吉くん
言ってること、変わらないぞ~ww
ドラちゃん
ドラちゃん
エリック・カーターを演じているコーリー・ホーキンズは、ウォーキングデッドシーズン6から出演するアレクサンドリアの住人ヒースを熱演していたよね。
カバ吉くん
カバ吉くん
ドレッドヘアだったから、気づきにくいけどな。

24レガシーの動画を無料視聴する安全な方法【海外ドラマ】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、海外ドラマ『24レガシー』(全12話)の字幕版と日本語吹き替え版が動画配信中です。

現在のところ、huluとdTVが見放題で動画を配信しています。

amazonプライムビデオとU-NEXTは動画配信していますが、有料レンタル扱いです。

また、現在、Netflix(ネットフリックス)では、動画配信されていません。

huluには、無料視聴できるトライアル期間があります。

トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

そして、huluなら『24 -TWENTY FOUR-』シリーズ1からシーズン8および『リブ・アナザー・デイ』すべてが見放題で見られます。

字幕版、日本語吹き替え版ともに見られるのがうれしいですね。

>>huluで海外ドラマ『24レガシー』を見放題で鑑賞する<<

【予告動画1】

【予告動画2】

カバ吉くん
カバ吉くん
予告動画2を見ると、トニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)が実際のドラマとは違うシチュエーションになってるぞ。

※紹介しているVODサービスの情報は2018年8月21日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにて、ご確認ください。

24レガシーは動画共有サイトでは無料で見られないの?【海外ドラマ】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、近ごろは著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるのが、とても早いです。

何度も、サイトで確認すれば、新規にアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

動画の画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、安全に楽しく視聴することは難しいです。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>24レガシーの動画をhuluで快適に視聴する

24レガシーのネタバレ感想とあらすじ【海外ドラマ】

ドラマ『24レガシー』は登場人物を一新した『24-TWENTY FOUR-』シリーズの新作です。

当然ながら注目なのは、ジャック・バウワーに代わり、新たな主人公となった元レンジャー部隊隊員エリック・カーター(コーリー・ホーキンズ)の奮闘ぶりになるのだと思います。

エリックは若く精悍で、豊富な実戦経験を持った元レンジャー所属の兵士という設定です。

ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の老獪さとは異なる魅力を放っているという点で、こうしたキャラクター設定は正解だと思います。

また、ドラマ『24レガシー』では、大統領候補とその周辺、CTU(対テロリスト局)、カーターの兄がリーダーを務める麻薬組織、アメリカで同時多発テロを企むイスラムテロリストとその周辺というように、物語を構成する要素が多岐にわたります。

そのため登場人物も多く、どうしても俯瞰的に物語を眺めなくてはなりません。

そうした中で、ジャック・バウアーほどの存在感を見せず、かといって一定程度の存在感を放つエリック・カーターのあり方は、物語を見やすくしているのだと感じます。

ドラマ『24レガシー』は12話完結で、以前のシリーズと比較すると半分のサイズです。

以前のような24話構成だと、例えば偶発的な事件や突拍子もない人物の登場で全く新しいストーリーが展開されるのが常でした。

そこに、どうしても違和感を感じざるを得ず、やや間延びした印象を受けていました。

『24レガシー』でも、例えば死んだはずのイスラム武装組織のリーダーであるビン・ハリードが生きているなど、ちょっと無理がある展開があるにはあるのですが、そうした展開もそこまで奇抜な印象をうけず、程よいサイズ感が楽しめます。

物語は中盤のジョージ・ワシントン橋がテロリストによって爆破されたあたりから一気に緊張感が高まりました。

それは、カーターの妻ニコール(アナ・ディオプ)と兄アイザック(アシュリー・トーマス)がテロリストの人質に取られるなど、段々とテロリストとの戦いが情け容赦無い局面を見せ始めました。

にもかかわらず、カーターは組織の支援を期待できず、限られた協力者とともにテロリストに戦いを挑まなくてはならない状況に追い込まれたなどが影響しています。

そして、戦いの構図がテロ組織対CTUという構図から、テロ組織対カーター個人へと変化したため、カーター単独で戦いに勝つことができるのだろうかという、一種の不安感が増してくるからだと思います。

そのため、7話以降は物語の展開に釘付けになってしまいます。

ただし、やはり気になるのが物語の重要な展開において、偶発的な出来事が果たす役割が多すぎるように感じることです。

例えば、大統領候補が誘拐されますが、それは偶然、CTU本部においてテロリストが大統領候補と出くわしたことがきっかけとなっています。

先が読めない面白さ、あるいは偶然の出来事によって物事が思わぬ展開になっていくことにリアリティーを感じさせる狙いがあるのは分かるんです

しかしながら、偶然の出来事が多すぎるように感じます。

偶発的な出来事が多発すると、物語にこじつけという印象を与えてしまうからです。

例えば、活字でこれだけ偶発的な出来事が起こる小説があると考えると、かなり間延びしたストーリーになってしまうように思います。

こうした展開は、24シリーズの定番と言えば定番なのですが、少し食傷気味になってきているのかもしれません。

まとめ

海外ドラマ『24レガシー』の動画を無料視聴する方法をご紹介しました。

記事の後半では、ネタバレ感想とあらすじがまとめてあります。

今すぐ、『24レガシー』をhuluで見てみる