サスペンス

ラスト・ターゲットの動画フル無料視聴|DVDレンタルより手軽に見れる【映画】

ジョージ・クルーニー主演映画『ラスト・ターゲット』【原題:The American】(2010年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

【予告動画】

ラスト・ターゲットの動画フルを無料視聴するDVDレンタルより手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジョージ・クルーニー主演映画『ラスト・ターゲット』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

映画好きにおススメできるU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『ラスト・ターゲット』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年12月21日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

ラスト・ターゲットはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『ラスト・ターゲット』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

ラスト・ターゲットのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ラスト・ターゲット』は、何者かに狙われる身となった殺し屋が、潜伏先であるイタリアの田舎町で体験する内面の変化とその行く末を追った物語です。

殺し屋が主人公ではあるものの、暗殺の背後にうごめく陰謀や謀略といったサスペンス作品につきものの込み入ったストーリーはなく、またセリフも少ない作品に仕上がっています。

映画『ラスト・ターゲット』は、イタリアの山間の美しい自然を背景にしながら、ジョージ・クルーニー演じる殺し屋に焦点をあて、彼が感じる孤独、神父との交流や娼婦クララとの出会いをきっかけにして起こった変化を、多くを語らない演技で淡々と描きました。

ジャックやエドワードなど、さまざまな名を名乗る殺し屋は、冒頭スウェーデンのシーンにもあるように、自らの身に危険が迫っていることがわかると、情け容赦なく恋愛関係にある女性も殺し、自身の身を守ります。

この非常さと常に警戒を怠らないスタイルはイタリアに潜伏してからも変わりません。エージェントから渡された携帯ですら捨てる、潜伏先の町を急遽、変更する、決して熟睡できるような姿勢で眠らないなど、異常なほどの緊張感を持った生活を送ります。

当然のことながら、こうした生活は彼を孤独にしたのです。ジャックは不必要に人に話しかけない生活を徹底し、人との関わりを避けます。彼がアメリカ人であること、そしてイタリアの静かな田舎町という舞台は、彼の孤独と疎外感をいっそう際立たせました。

潜伏先の町でジャックは狙撃銃のカスタマイズの仕事を請け負います。彼が銃を組み立てる、特別な銃弾を作るといった作業を映像は追い続けました。ただ、それだけの映像なのですが、なぜか、こうした細かな作業に引き込まれていきます。

そして、黙々と作業を続ける殺し屋の姿から、彼の孤独と、張り詰めた緊張感がひしひしと伝わりました。

しかし、町のベネデット神父(パオロ・ボナッチェリ)のしつこいまでの問いかけをきっかけにして始まった神父との交流、そして、神父から投げかけられる言葉は、徐々に彼の心に響いていくようになります。

あるとき、ジャックは神父から、彼が罪深き人間であること、そして、神父には信仰があるけれども、彼には何があるのか、という問いかけをされたのです。この問いかけは、彼の表情にこそ出なかったものの、孤独と静寂、絶えざる警戒心に満ちた彼に揺さぶりをかけたように感じました。

他方で、彼は売春宿でクララ(ヴィオランテ・プラシド)という1人の娼婦と出会い、恋に落ちます。彼の警戒心の強さは、クララが自らを狙う組織の一員であるかもしれないという疑念を拭いきれないことにも表れました。

しかし、彼女とのピクニックをきっかけにその疑いは晴れ、彼女への信頼が深まるのです。そして、彼女に対する心からの信頼の芽生えと、神父の問いかけをきっかけに、ジャックは殺し屋稼業から足を洗い、クララと共に生きることを決意します。

辞める決意をした殺し屋に対して組織は冷淡です。エージェントは彼の元へ刺客を送り込み、町の祭りの当日、自らも町へ赴き殺し屋を葬ろうとします。

何とかこれらの攻撃を凌いだ殺し屋でしたが、自らも銃弾に傷つき、クララとの待ち合わせ場所にたどり着いた時には息絶えてしまうのです。

そもそも、映画『ラスト・ターゲット』では、なぜ、ジャックが命を狙われるようになったのか、あるいは組織から足を洗うことを伝えただけで暗殺対象になった理由など、物語の背景は、ほとんど語られません。

むしろ、そうした背景が語られないことが、潜伏先で尾行されたり、突如、組織から殺されそうになる事態の不気味さと殺し屋が置かれた状況の緊張感を際立たせることとなったように感じます。

観る者は、殺し屋と同じ程度の情報しか伝えられないため、殺し屋と同じ緊張感を抱くことができるからです。

女性との出会いによって殺し屋が自らの人生を変える決心をするというストーリーは、ハードボイルド作品にはありがちな展開といえます。しかし、映画『ラスト・ターゲット』は言葉少ない1人の人間の内面の変化を、異国の山間の町の光景と他者から投げかけられる言葉によって描いている点が独特です。

こうした表現は物語の解釈に幅を持たせ、観る度に少しずつ解釈が異なっていくことを感じさせます。

まとめ

ジョージ・クルーニー主演映画『ラスト・ターゲット』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、ラスト・ターゲットをU-NEXTで見てみる