サスペンス

マネーモンスターの動画フルを無料視聴 huluで見える?【映画】

ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツのW主演映画『マネーモンスター』【監督:ジョディ・フォスター|原題:Money Monster】(2016年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

マネーモンスターの動画フルを無料視聴する安全な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツのW主演映画『マネーモンスター』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

dTV(ディーティービー)

また、今のところ見放題サービスのhulu(フールー)では、動画配信されていません。

dTVには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるのはユーザーにやさしいシステムですね。

>>dTVで映画『マネーモンスター』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2019年6月20日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

マネーモンスターはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『マネーモンスター』の動画フルをdTVで快適に視聴する

マネーモンスターのネタバレ感想と評価【映画】

前半は生放送中のテレビ番組に暴漢が侵入したことから生じた緊迫した人質劇、後半は不正な株価操作という巨悪を衆目の監視下で暴き出す一種の法廷劇から構成されており、観ていて飽きません。

人質劇は、場面が膠着し物語が中々、先へ進まないという点で、ある段階で息切れ感が出てきてしまうのですが、『マネーモンスター』は上手く物語の中心を別のトピックに移して緊張感を最後まで保っているため見応えがあります。

また、シリアス一辺倒ではなく、コミカルな雰囲気を基本としている物語であるため、物語の持つ深刻さが上手く中和されているように感じました。

突然、生放送中のスタジオが暴漢カイル・バドウェル(ジャック・オコンネル)に襲われ、司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)には爆弾ヴェストが着せられてしまいます。そして、そのヴェストは暴漢が起爆スイッチから指を離すと爆発する仕組みです。事件解決には暴漢を射殺するだけでは済まない状況になっていました。

この状況に警察が手を出しあぐねている中、犯人と司会者、そして、調整室で見守るディレクターのパティ・フェン(ジュリア・ロバーツ)との間にある種の連帯感が生まれてきます。一般的にはストックホルム症候群と呼ばれているものです。

ところが、『マネーモンスター』の場合、司会者が暴漢の境遇を聞くうちに、巨悪の存在を察知し、当初は上辺だけの暴漢に対する共感が、次第に彼に肩入れしていくようになります。

スタジオに乱入した際の暴力を考えると、暴漢に対する肩入れなど中々、理解しがたい行動です。しかしながら、ジャーナリストとして巨悪の存在を見過ごすことはできないという気持ちがここまでの暴漢に対する肩入れをさせたのかもしれません。

暴漢は株価の急落に不自然さを感じたがために犯行に及んだのですが、この不自然さを、株式市場のジャーナリストとして感じることができなかった司会者とディレクターの後悔の念も、犯人に対する肩入れの動機になったように感じました。

物語の後半になると、完全に人質となった司会者の側が事件を主導していくようになります。証券取引所の公会堂に犯人を連れて行き、株価不正操作をした企業経営者と対決させ、真実を暴いていくのです。

テレビ中継される中で巨悪が暴かれ、私利私欲をむさぼっていた企業経営者が慌てふためく様には、非常に痛快感を感じます。しかし、爆弾ヴェストが偽物であるとわかった時点で、暴漢は射殺されてしまいました。

ここで改めて、事件は暴漢による番組ジャックという卑劣な犯罪であったことに気付かされます。そのため、暴漢は巨悪を暴いた代償に自身の命を差し出すという結果になりました。

株価の大暴落により全財産が無に帰し、恋人モリー(エミリー・ミード)にも罵倒され、犯罪者になってしまった暴漢にとって、その後の人生は余りに辛いものになったでしょう。そうしたことを考えて射殺という結末が用意されたのかもしれません。

しかし、彼の行為が死に値するものなのかを考えると、やはり理不尽さを感じてしまいます。

映画『マネーモンスター』では爆弾ヴェストを着せられる司会者をジョージ・クルーニーが、番組ディレクターをジュリア・ロバーツが演じています。物語の始まりと終わりでは、二人のキャラクターが一変している点に面白さを感じました。

ジョージ・クルーニーは、金の亡者でセクハラも気にしない軽薄な司会者から正義と真実を追究するジャーナリストへ、ジュリア・ロバーツは、そうした司会者にウンザリし転職を考えているのですが、事件が解決すると、転職をしない決断をします。

自身のキャリア・アップよりも大事なことが今の職場にあることに気付いたからです。2人とも、人間の本質が変わったような変化であるものの、その変化に不自然さを感じさせないあたりに上手さを感じました。

まとめ

ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツのW主演映画『マネーモンスター』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、マネーモンスターをdTVで見てみる