サスペンス

ローアンドオーダーシーズン10第14話のあらすじネタバレ【海外ドラマ】

海外ドラマ『ローアンドオーダー』シーズン10第14話【疑惑の財閥令嬢】のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

また、記事の後半では、第14話の動画を無料視聴できる方法をまとめました。

第14話は、お金を持っている人は、その財力と人脈を使って黒を白に変えることができるという理不尽な話です。現実でもあることですが、何とも不愉快な気分にさせられる話でした。

ローアンドオーダーシーズン10第14話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第14話【疑惑の財閥令嬢】

今回は、『ローアンドオーダー』のスピンオフ作品である『ローアンドオーダー:性犯罪特捜班』(以下SVU)シーズン1第15話とのクロスオーバーエピソードです。

事件の発生から最初の犯人逮捕までがSVUが扱い、真犯人の発見・逮捕から評決までを『ローアンドオーダー』で扱うという構成になっています。

しかし、『ローアンドオーダー』は、SVUでの物語がほぼ語られることがなくスタートしてしまうため、この番組だけを見ると、何の話かがわかりません。

恐らくアメリカでは、二つのドラマが同じ週に放映されるため、敢えてあらすじをを省略したのだと思いますが、これは少し不親切なやり方だと感じました。

男性の射殺事件の容疑者として、ニューヨークでも指折りの名門一族の一人娘が容疑者として浮かびます。

彼女の母親で財閥の家長でもあるレジーナ・マローニーは、一人娘を守るため、同様の手口の殺人事件を起こす、証人を殺害する、あるいは証人を買収するなど、あの手この手を用いて真相の解明を阻もうとしたのです。

しかし、実行犯の逮捕をきっかけにしてこうした企みが暴かれることとなり、マローニーとその娘は殺人と証拠隠滅の罪で逮捕・起訴されることとなります。

当初、アダム・シフ検事長(スティーヴン・ヒル)は、性犯罪特捜班リーダーのドナルド・クレイゲン警部(ダン・フロレク)がマローニー一族の一人娘を逮捕しようとすることを反対しました。

それは、一族のニューヨーク市に対する政治的・経済的影響力を恐れ、面倒な事態になることを恐れたことが大きな理由です。

正義を下すという観点から見ると、こうしたシフ検事長の及び腰の姿勢は、どうにも納得がいきません。

しかしながら、マローニー一族が市長や州知事に対して巨額の政治献金を行う、シフ検事長に対しても選挙資金の提供と応援を行っていることを考えると、逮捕に消極的になってしまうのは十分に理解できます。

富める者は、その財力を用いて無罪を勝ち取ることができる典型だといえるでしょう。

しかも、裁判においては娘の証拠隠滅のみが有罪となり、その他の訴因については母も娘も有罪にはなりませんでした。

涙ながらに無罪を訴えるレジーナ・マローニーの姿と名門一族の持つブランド力は、ジャック・マッコイ検事補(サム・ウォーターストン)が提示した証拠よりも陪審員の心に響いたわけです。

法というルールはあるけれども、それに違反しているかどうかは、その社会の構成員=陪審員が決めるという法制度の下では、多額の資金を社会に還元する富裕層の影響力を、表面的には公正中立を標榜していても、現実に法廷から排除することはできないのです。

陪審制度の難しさというのはこうした部分にもあるのだと感じさせられました。

今回は、SVUのメインキャストがそろって『ローアンドオーダー』に出演していましたが、中でも注目していたのが、SVUのジョン・マンチ刑事(リチャード・ベルザー)とレニー・ブリスコー刑事(ジェリー・オーバック)の軽妙なやり取りでした。

二人は『ローアンドオーダー』と『ホミサイド/殺人捜査課』というドラマとのクロスオーバーエピソードで意気投合し、絶妙なコンビネーションを見せていました。

ある意味、その二人の再会が今回の目玉だと思っていたのですが、余り目立ったやり取りもなかったのが残念でした。

マンチ刑事は、SVUに移籍以降、どこか無理をして優等生的な型に自分をはめこもうとしている印象があります。

二人の名物キャラクターがあまり輝かなかったという点も含めて、今回の話には、どこか物足りなさを感じてしまいました。

ローアンドオーダーシーズン10第14話の動画を安全に無料視聴する方法【海外ドラマ】

2018年8月28日時点では、シーズン10の字幕版がamazonのプライムビデオにて視聴できます。はじめて会員登録をする方は、30日間無料(0円)で見ることができるので、気軽に使えるシステムです。

トライアル期間中であれば、料金を払わなくても契約を解除することができます。だから、このシステムを活用して、ローアンドオーダーのシーズン10全話を思う存分に楽しんでください

そして、アマゾンのプライムビデオは、他にもたくさん動画配信されています。海外ドラマや洋画を見るのが好きな人にとっては、使わないと損と言える動画配信サービスです。

アマゾンプライムビデオ

ローアンドオーダーシーズン10第14話の動画はパンドラなどで無料視聴できないの?【海外ドラマ】

無料で動画を視聴できるようにアップされている動画共有サイトを紹介します。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらのサイトにある動画は、著作権に違反して勝手にアップロードされたものです。そのため、次のような欠点があります。

画質や音質のレベルが低く、ドラマを楽しむには適していない状況です。そして、スマホやタブレット、PCがウイルス感染するリスクもあります。

だから、アマゾンプライムビデオなど著作権を守ったサービスを利用した方が快適です。

まとめ

今回は、海外ドラマ『ローアンドオーダー』シーズン10第14話【疑惑の財閥令嬢】のあらすじネタバレと感想をご紹介しました。

そして、記事の後半分では動画を無料視聴できる方法がまとめてあります。

ひきつづき、第15話【恋の代償】以降も情報アップしていきますので楽しみにしてくださいね。

ローアンドオーダーシーズン10第14話をアマゾンプライムで見てみる