サスペンス

FBI特別捜査班の第7話あらすじネタバレ!OAの葛藤【海外ドラマ】

海外ドラマ『FBI:特別捜査班』第7話【盗っ人の仁義】(原題:Cops and Robbers)のあらすじネタバレと感想がまとめてあります。

前回の話はこちら
FBI特別捜査班第6話【消えた子供】

FBI特別捜査班第7話のあらすじネタバレと感想【海外ドラマ】

第7話【盗っ人の仁義】

警備会社の2人が、車の中で話しています。

人生に安定を望むべきか、それとも一歩踏み出すべきか。

そんな話をしながら現場に向かいますが、予定の場所では、警官が酔っ払いをなだめている真っ最中。

前後不詳になるほど酔う人は、どこの国でも厄介な存在です。

「あと15分ぐらいかかりそうだから、荷物はそこで降ろしてくれ」という警官。

相手は警官だし、多少、ルールを曲げても大丈夫たと思ったのでしょう。

警備員は、その場でトラックの荷台を開けてしまいます。強盗は、一瞬の隙を見逃しませんでした。

現金輸送で降ろす場所が厳格に決められているのは、こういう隙を極力、排除するためなのです。

260万ドルの現金は、まんまと強盗団のものになってしまいました。

ドラマ『FBI特別捜査班』は、マギー(ミッシー・ペリグリム)の問題をクローズアップする事が多いのですが、今回はOA(ジーコ・ザキ)が抱える問題についてです。

9.11同時多発テロの後でニューヨークに住み始めたイスラム教徒。OAは、これだけでも相当な苦労をしてきたことでしょう。

しかし、彼にはもう1つ、帰還兵と言う側面があるのです。

容疑者の1人ジェイソン(デニス・フラナガン)と初めて会った時、レンジャーの旗が掲げられているのを見たOA。

彼らは、どこに行っていたんだとか何の部隊だとかの話をしてから、軽い敬礼を交わしています。

元兵士ならではの格好良さですけど、尊敬の念がなければ敬礼なんてただのポーズに過ぎません。

お互いに地獄を見たと知っているからこそ、帰還兵の敬礼は軽いものですら重要な意味を持つのです。

取り調べのシーンでは、OAが自分の体験を語っています。

敵の中に取り残され、死の恐怖と鼻を突き合わせた3日間。

マギーには作り話だと言っていますけど、プロファイラーのデイナ(セーラ・ウォード)にはそんなウソなど通用しません。

そして、デイナは、容疑者と共にOAからも目を離さないよう、マギーに言いつけました。

帰還兵であるOAが、自分のトラウマを彼に投影してしまうと見抜いたのでしょう。

デイナが危惧した通りの事態が起きてしまいます。

事態が収拾した後、OAがマギーに向かって「大丈夫」と言うシーンがありますね。

ここの絶妙な表情が素晴らしいじゃないですか。

大袈裟ではありませんが、”絶対大丈夫じゃないだろう”という確信を抱かせてくれます。

戦争の体験は、人の心に相当、深い傷を残すのでしょう。

死の恐怖と、敵であっても人間を次々殺したことに対する罪の意識。

これについて想像することしかできないのは歯がゆいですが、誇るべき歯がゆさなのかもしれません。

好きで戦争を体験している人なんて、たぶん1人もいないでしょうから。

気になる次回はこちら
FBI特別捜査班第8話【主権を有する者】

まとめ

海外ドラマ『FBI:特別捜査班』第7話【盗っ人の仁義】のあらすじネタバレと感想をまとめました。

ひきつづき、第8話【主権を有する者】以降も情報アップしていくので、楽しみにしていてくださいね。